1. トップ
  2. レシピ
  3. 激ウマと話題!「手作りツナ」の作り方とおすすめアレンジレシピ

激ウマと話題!「手作りツナ」の作り方とおすすめアレンジレシピ

  • 2015.9.1
  • 7303 views

常備しておくと便利な食材の1つが、「ツナ缶」。実はこれ、自宅で手作りできるって知っていますか? レシピ自体は驚くほどにシンプルで簡単なのに、そのおいしさは感動的で、やみつきになること間違いなし! ぜひ一度トライしてみて。

●材料も作り方もシンプル。「手作りツナ」に挑戦!

まずは基本の材料と手順を確認しましょう。

<材料>

・マグロ…2柵

・オリーブオイル…400cc

・粗塩…小さじ1

・ローリエ…2枚

・ニンニク…2片

<作り方>

1. マグロ全体に塩をふって、20~30分間置く。

2. キッチンペーパーでマグロから出た水分を拭きとる。

3. フライパンにマグロ、つぶしたニンニク、ローリエを入れたら、マグロがひたひたになるまでオリーブオイルを入れる。

4. 弱めの中火にかける。

5. グツグツしてきたらマグロをひっくり返し、ごく弱火にして約30分間煮る。

6. 火を止めたら冷めるまでそのまま置く。

7. 冷めたら油ごとタッパーに入れて冷蔵庫で冷やす。

こんなにシンプルなのに、缶詰ではとても味わえない、今までに食べたことのないツナが完成します。

でも、これだけではちょっと心配…という人のために、筆者が実際に作ったときの様子を写真付きで紹介しましょう。

●ポイントは火加減のみ! 誰でも失敗なくできる「手作りツナ」レシピ

マグロに塩を振って20~30分待つと、けっこう水分が出てきます。

水分が出てきたら、キッチンペーパーで丁寧に拭きとります。

フライパンにマグロと潰したニンニク、ローリエを入れ、たっぷりのオリーブオイルを投入します。ニンニクやローリエはお好みで増やしてもOK! 自分好みの味に仕上げられるのが、手作りのいいところです。

手作りツナの最大ポイントは「火加減」。火加減さえ気をつければ、失敗することはまずありません。

強めに火をかけてしまうと身がかたくなってしまうので、弱めを心掛けるのが成功の秘訣。まずは弱めの中火でスタートしましょう。

オイルの表面にプクプクと泡が出てきたら、マグロをひっくり返し、弱火で30分ほど煮ます。

30分経ったら火を止め、余熱でさらに火を通しつつ、冷めるまで待ちます。

容器に移したら、冷蔵庫へ。

これで出来上がり!

細かくほぐせば市販のツナ缶のようになりますが、せっかくなので、まずはこれくらいのブロックでぜひ一度味わってみるのも、手作りツナ醍醐味です。

ほんのり塩味がついてるので、そのままでも十分おいしいですが、お好みでマヨネーズやしょう油、レモン、塩コショウなどをつけても◎。

●手作りツナを使った簡単レシピ

最後に、手作りツナを使った簡単レシピを紹介しましょう。

●お酒が進むおいしさ!「ツナマヨチーズ in 油揚げ」

<材料>

・油揚げ…1枚

・手作りツナ…適量

・マヨネーズ…適量

・チーズ…適量

・塩コショウ…適量

<作り方>

1. 油揚げを半分に切る。

2. 手作りツナとマヨネーズを和えて塩コショウする。

3.袋状の油揚げの中に【2】とチーズを入れて、爪楊枝で留める。

4.フライパンで両面に焼き色が付くまで焼く。

●5分でできる時短レシピ「ナスとツナの炒め物」

<材料>

・ナス…2本

・手作りツナ…お好みの量

・砂糖…小さじ1/2

・ケチャップ…小さじ2

・コンソメ…適量

・塩コショウ…適量

<作り方>

1. ナスを1cm幅の輪切りにする。

2. フライパンに手作りツナとナスを入れて中火で炒める。

3. ナスに火が通ったら、砂糖、ケチャップ、コンソメを入れ、塩コショウする。

手作りツナは冷蔵庫で1週間ほど保存可能。ぜひ週末にでも作ってみてくださいね。

<文/西村亜希子>

オリジナルサイトで読む