1. トップ
  2. ダイエット
  3. むくみのためにも知っておきたい!身体の塩分量チェック法

むくみのためにも知っておきたい!身体の塩分量チェック法

  • 2015.8.31
  • 243 views

ようやく暑さが和らいできましたね。猛暑となったこの夏、きっと熱中症対策として水や塩分を一生懸命摂取して、脱水になるのを防いだ、という方は多いのではないでしょうか?

しかし、塩分は摂り過ぎるとむくみの原因になる場合も。身体にとって、塩分が足りているのか、いないかのラインはどうやって見極めればいいのでしょうか? そこで、塩分量を見極めるチェック方法をご紹介します。

■むくみの原因塩分。夏場は控えるべき?

塩分はむくみの原因につながるため、普段から控えているという方も少なくないはず。

けれど、今年の夏のように猛暑が続いたときは、日頃から汗をたくさんかくため、汗と一緒に体内の「ナトリウム」が排出され、逆に塩分が不足気味になってしまうことも。

そうとは知らず水分を摂取してしまうと、余計に体内の塩分濃度が低下してしまうため、体は水分を外に排出しようとし、余計に脱水症状や熱中症を引き起こしやすくなるのです。

つまり、汗をたくさんかいたときには、水分と共に塩分摂取も欠かせないというわけです。

■塩分が足りているか、チェックしてみよう

[塩分チェックリスト]

●塩分が足りていないとき

めまいやふらつき、食欲減退、水を飲みたくない、筋肉のけいれん、塩がしょっぱくない、味を感じないなど

●塩分が足りているとき

のどが渇く、むくむ、塩を舐めるとえぐみを感じるなど

■おすすめの塩分の取り方

塩分を摂取する前に、ちょっと味見をしてみるのがおすすめです。

人は塩分が足りていないと、塩をちょっと舐めても甘くて美味しく感じてしまいます。

反対に、塩分が足りているときは、塩が非常に塩辛く、口に含んでいること自体がきつい感覚があります。分かりやすいうえに簡単なので、是非試してみてくださいね。

上のチェックリストは、あくまで目安です。同じ症状が起きても原因が他にあることもありますのでご注意を。普段から脱水やむくみの両方を防ぐために、上手に塩分コントロールをしていきましょう。

(LBR編集部)

オリジナルサイトで読む