1. トップ
  2. レシピ
  3. 【実食】バナナの紅茶+キャラメルのミルフィーユで新たなスイーツ出現!

【実食】バナナの紅茶+キャラメルのミルフィーユで新たなスイーツ出現!

  • 2015.8.31
  • 1063 views

この秋、アフタヌーンティーが、ちょっと変わった紅茶とスイーツの組み合わせを新提案!

なんと、紅茶とスイーツを一緒に食べることで、口の中で新しい味が“ポップアップ”するという、イマジネーション必須(?)の新感覚スイーツなんです。

そういえば昔、「プリンにしょう油で“ウニの味”!」なんてものが流行りましたが、今回、アフタヌーンティーが提案するのは、そんなレベルではありません。

だって、紅茶とスイーツを一緒に食べることで、まったく違う新たなスイーツが口の中にポップアップしちゃうんです。

一体どんな組み合わせかというと……

アフタヌーンティーといえば、バリーション豊富な“紅茶”が魅力ですよね。今回登場するのは、ポットにもカップにも輪切りした“バナナ”が浮いた「バナナティー」!

味の想像はなんとなくつくものの、紅茶といえば柑橘系やハーブなど、スッキリした味のイメージがあるので、濃厚なバナナが果たして紅茶と合うのでしょうか……。

さて、スイーツは、キャラメルナッツ入りのカスタードクリームをサンドしたチョコスポンジを、サクサクのパイ生地がぐるりと囲んだ「キャラメルナッツミルフィーユ」。

「バナナティー」+「キャラメルナッツミルフィーユ」=「バナナカスタードパイ」……!?

果たしてこの計算式が成り立つのか、早速、この「キャラメルバナナコンビネーション」を試食させていただきました!

まずは、紅茶とスイーツ、それぞれの味を確認。

「バナナティー」は、バナナの甘さがふわっと香るやさしい味です。おいしい! ちなみに、ポットのバナナのほうが薄切りになっているそう。紅茶の熱でとろ~りとやわらかくなるのでバナナの風味がよく出るのだとか。バナナの風味を邪魔しないよう、紅茶はアッサムなどシンプルなものをオリジナルでブレンドしています。

「キャラメルナッツミルフィーユ」は、キャラメルやカスタードなどの甘さを、上からかけた塩キャラメルソースが、ほどよく引き締め役に。トッピングの洋梨も後味のさわやかさを後押ししてくれます。高く立てられたパイをどうやって食せば……と思っていたら、なんとパイをザクザク割って、スポンジなどと混ぜて食べるのが正解だそう。

さて、いよいよこのふたつを一緒に食べてみます

まずは、バナナティーをひと口。口の中に香りが残っているうちに、混ぜ混ぜしたミルフィーユをパクリ。そしてすぐにまた、バナナティーをゴクリ。

(……あ、ポップアップした!)

「バナナクリームパイ」を食した経験がないので、正解がわからないのですが、確かに、そんな雰囲気のスイーツが口の中にポップアップ(現れる)しました!

これ、他の紅茶とスイーツでも出してほしいなぁ~と思いました。そうすれば、友だちとシェアしながら、もっといろんな味が一度に楽しめるはず。

一度で3つのおいしさが味わえる「キャラメルバナナコンビネーション」(¥1,350)は、9月3日~11月4日までの期間限定で販売。ぜひお近くのアフタヌーンティーで、不思議な“ポップアップ”体験をしに行ってみてくださいね。(さとうのりこ)

http://www.afternoon-tea.net/

アフタヌーンティー・ティールーム

★ちょっとのコツで簡単美味しい!正しい紅茶の淹れ方

 

元記事を読む