1. トップ
  2. メイク
  3. 流行りにとらわれない美しいメイク方法はオードリーがお手本!

流行りにとらわれない美しいメイク方法はオードリーがお手本!

  • 2015.8.31
  • 8325 views

「5年前はキレイだと思っていたけど、今見たら眉毛が細くて変なメイク……!」
「1年前の流行メイクなのに、古臭く見えるのは何故??」

その時は良いけれど、いざ見返してみると『年代感』が漂ってしまうのが流行メイク。顔の美しさよりも、オシャレ感やトレンド感が優先されるメイクです。

「写真を見返して、5年後も10年後も違和感がないメイクって……?」
それであれば、顔の美しさを優先したメイクが正解。そこでお手本にするべきは、いつの時代も愛される美しい顔、往年の女優オードリー・ヘップバーン。彼女の美しさは今でも女性の憧れの的であることが、流行りにとらわれない美しさの証拠です。彼女のメイクを参考にして、美しいメイク術を学びましょ!

■オードリー・ヘップバーンは意外にも◯◯メイク!?

Jaguar PS / Shutterstock.com

『ローマの休日』や『ティファニーで朝食を』など、どんな映画でも彼女のメイクに共通しているのは「カラーレス」であること。アイシャドウもチークもリップも、鮮やかなカラーは使わないナチュラルメイクが基本です。ただし、主張したい部分は強調するのが彼女のメイク。彼女のように、色褪せない美しさをメイクするなら「造形を際立たせる」ことが大切! オードリー・ヘップバーンを見習って、5つのルールで美しさを手に入れて。

■ルール1:アイブロウは自毛を活かす!

自眉毛は骨格に沿って生えているため、活かすことがあなたの美を引き出すポイント。自毛の流れに沿って、パウダーとアイペンシルで自然に眉毛を仕上げましょう。濃すぎてもバツ、薄すぎてもバツ。濃さはあなたの自眉毛に合わせることが大切です。
※眉毛を抜きすぎている人は、パウダーでナチュラルに色付けを。

■ルール2:アイラインは上だけしっかり!

まつ毛の際まで、しっかりアイライナーを引くこと。目の印象をハッキリさせることで、アイシャドウを沢山重ねなくてもOKになります。茶色よりも黒を使って、キリッとした目元に仕上げると、美しさが際立ちます。下にはアイラインを引かずに、自然体なデカ目を狙うのが正解。

■ルール3:まつ毛はボリュームと長さが鉄則!

顔の印象を左右するまつ毛は、横から見ても正面から見てもボリューミーになるように作ること。繊維入りの下地でまつ毛の長さを整えたら、ボリュームの出るマスカラで二度塗りが基本。さらに上向きまつ毛が肝心なので、ホットビューラーやドライヤーをあてて、グッとUPさせましょう。ダマにならないように、コームで丁寧にとかすことも忘れずに! ※アイラインと同じく、下はノータッチがオススメ。

■ルール4:リップは縁取りが肝心!

肌馴染みの良い口紅使いがマスト。ただし、色をのせるだけではリップがボヤけてしまい、美人度は半減です。リップライナーで唇をふちどって、ボリュームのある血色の良いリップに仕上げて。

流行りにのったメイクも楽しいけれど、記念撮影の時や記憶に残る瞬間には、ブレない美しさをメイクして!

元記事を読む