1. トップ
  2. 恋愛
  3. 6年の交際に終止符…もう恋なんてしなくていいよね?

6年の交際に終止符…もう恋なんてしなくていいよね?

  • 2015.8.30
  • 115008 views

失恋してしまうと心がひどく傷つくもの。付き合った期間が長ければ長いほど、その傷も一層深くなるでしょう。

数々の失恋相談も寄せられている国内最大級のQ&Aサイトのオウケイウェイヴで、失恋から立ち直るヒントを見つけてみては。

6年の交際に終止符…もう恋なんてしなくていいよね?

(c) Cello Armstrong - Fotolia.com

■質問

28歳女性です。昨日6年付き合った彼氏に振られました。

理由は2つあります。1つは私を嫌いじゃないけど気持ちが分からなくなった。2つ目は気になる人ができたそうです。相手は仕事場のお客さん。自分に彼女がいることは言っているそうです。

「君と付き合っているのに、気になる人がいてというのは、君に失礼だ」と言っていました。「君への気持ちは分からないが、キープなんてできない」と。

一度、二年付き合った時に振られました。私が重いと。その時は私も彼に依存してました。そこから全く連絡を半年とっていなかったのですが(連絡先も消してました)、非通知で自宅に電話があり、会いたいと言われました。そこで戻って欲しいと言われました。結果、そこから4年お付き合いしての今です。

何でそんな女にたぶらかされたんだ! もっとはっきりしてから言えばいいのに…。絶対後悔するって思います。それほど私は彼を大事に思っていたし彼も大事にしてくれてたからです。

私の本心としては彼とずっと一緒にいたい。いつか結婚して素敵な家庭を築きたいと思っていました。でも彼に結婚を迫るような気がして言えませんでした。

本当は「私の元に戻ってくるの待ってるよ」って言いたいです。でもそれだと彼は双方に中途半端になりますよね。だから「私を振るからには絶対にその人と幸せになってね」って言いました。そしてお別れしました。彼は泣きながら「辛い」と最後まで悩んでくれていました。

そして私は連絡先を全て削除しました。LINEもブロックしました。残っているといつか連絡してしまいそうだからです。それじゃあお互いに幸せになれませんよね。

自分で決めて6年付き合ってきたし彼を恨んだりこれっぽっちもしてません。ただただ自分に魅力がなかった、選んでもらえなかったのが悔しいだけです。でも自分なんてって卑屈に思ったら自分が可愛そうなのでほどほどにします…。

ただ、同じような経験をされた方どうやって立ち直られましたか?? あー悔しい!! もうこんな思いするなら恋愛なんてしたくないです。

■回答1

同じです。1年目に別れようかといわれたけど持ち直して結果6年。年齢的にもそろそろという時期に、彼側に気になる人が出来て破局。27歳でした。

別れたときはかなりひどい状態でほぼ眠れず、運転中も気を失いそうになり、食べられない日々が続き短期間で10kg位痩せました。同僚にも迷惑かけたりしましたが何とか立ち直るのに半年。

でも、それから2年後に今の主人と知り合ってとんとん拍子に話が進み今は子供にも恵まれています。あのまま彼と付き合っていてもどうなったことやら。

半年間周りが結構気を使ってくれたのも今ではわかります。勘違い上司から不倫を持ちかけられたりもしましたがそれを笑い飛ばすことでお酒のネタにして友達に救われた感じです。

時間と新しい恋が一番の薬。とりあえずは誰にも邪魔されない自分だけの時間を味わってください。きっと次の人が見つかると思います。出会いを大切にこれからを過ごしていってください。

■回答2

お付き合いが長くなると、女性は保守的になりやすく男性は反対で革新的になっていくのも自然な流れかと思いますよ、もうソレは本能として仕方がないことで、なにも貴方が負けた訳ではないかと思いますよ。

貴方をキープしようと思えばできそうな所で「しなかった」というのはそれほどの彼女への真剣さと、長く付き合ってきた貴方への彼なりの誠意なんでしょうね。

■回答3

暫くは恋愛はお休みでも良いんじゃない? その理由は、貴方と彼の6年を、しっかり前向きな満了として受け入れるため。

勿論貴方の本音は満了でも何でも無い。貴方のタイミングでは終わっていないから。天秤に掛けられて負けただけ。

6年という重さを失うリスク。それを彼が、貴方のように負っていなかったことが一番大きい。以前一度貴方を手放した過去があるじゃない?

その後彼が、再評価し直して貴方を受け入れた。それでも、一度は現在進行形から貴方を外した経験者。それが彼の真実。貴方には無い部分。

一度外して再度受け入れ直した。その分、以前よりも「より」強固になるか? なる場合もある。彼の場合は、その方向には向かっていなかった。向かっていると彼も思っていたんだよ。

ところが、自然と隙間が生まれてきた。貴方のように、彼しか見えない(隙間なし、だから重たくなりやすい)そんな状態では無くて。貴方を受け入れ直した後、最近までの4年の中で少しずつ(気付かないうちに)貴方への意識が緩くなっていった。

それでも、緩くなる「だけ」なら別れにはならない。別れた(振られた)理由は、緩くなった隙間に凄く絶妙に良い人が入ってきたこと。それも、隙間をパタパタしながら、「誰かこの隙間に入ってくれる人いませんか~?」そんな風に、貴方以外の存在を探していた訳でも無い。

貴方への意識は随分緩くなったけれど、それはそれで仕方が無いのかも。彼はそう考えていた。

でも、積極的に探していない自分(元彼)に対して、隙間にフィットするような素敵な相手が現れた。その絶妙の登場と、そのフィット感を感じて初めて、貴方との関係の緩さに「向き合う」ことを選んだ彼。

向き合ってみたら、貴方の方に直ぐに天秤が動かなかった。通算6年も付き合っているのに、貴方を失うことをそんなに怖がっていない彼。辛いのは辛い。長い分辛い。でも、怖くは無い。怖くないのは、貴方ほどこの関係を死活(自分の未来)、そう考えている彼はいなかったから。

それもあって、貴方とのその後の4年には緩みが生まれていた。彼も、一度は貴方を手放している分、もう一度それをやったら三度目は本当に無い。そう考えてくれた。だから真剣に悩んだ。泣くまで考えてくれた。彼だって、彼なりに貴方を大事にしてきた自負はあるから。

彼も考えた。考えた末に、貴方との4年の継続は選べなかった。選んだら、それこそその「後」に待っているのは、もう結婚とか力強い未来しか無いじゃない?

付き合い直すことはできても、「だからやり直すと決めた以上将来を決めましょう!」そういう話の展開にはならない。少なくとも彼はね?

貴方は、そういう話をしたくなる人だろう。彼も交際歴の中で分かっていたんだと思う。それもあって、彼は貴方を選べなかった。

貴方も、選べない彼を感じて意味が分かったんだと思う。分かっている貴方に、これ以上何かを言う必要は無い気がする。

今は、貴方は貴方の場所から、貴方なりに6年を整理して、咀嚼すること。最後の形を以って、それによって貴方と彼が得てきたものを曖昧にしないように。

大恋愛をして、尚且つまだ貴方は20代。これから30代に至るカーブを、貴方なりに心地良く廻っていけるように。

今は、自分自身にあまり負荷を掛け過ぎないで過ごす。そういう時間も大事。改めて深呼吸を。これからの貴方自身を大切にしていけると良いよね!

失恋の後は苦しいですが、長かった恋愛期間での楽しかったこと、反省すべきことなどを思い返してみることも大切かもしれませんね。

そして傷を癒してくれるのは、新しい恋。疲れが癒えたらまた立ちあがって、その一歩を踏み出してみましょう。

オウケイウェイヴ

元記事はこちら

元記事を読む