1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼とより良い関係を築くために、問いかけてみるべき4つの疑問とは?

彼とより良い関係を築くために、問いかけてみるべき4つの疑問とは?

  • 2015.8.30
  • 20075 views

彼氏や夫がいるなら、その関係をいつまでも良好なものに保ちたいと願うのは当然のこと。でもそのためには、お互い気遣いと努力が欠かせません。彼ともっといい関係になるためには、なにができるかしら――? そんなふうに疑問を投げがけて、考えてみるのが、まずその第一歩となります。

今よりもさらに仲良く、より深い絆を築くためには、どんな問いをしてみるべきなのでしょうか?

私のことをもっと彼に理解してもらうためには、なにができる?

恋人・夫婦というもっとも近しい間柄であればこそ、お互いの性格・内面性・生活習慣やクセなど誰よりも理解しあいたいものです。でももともと違う人間なのだし、それはそんなに簡単なことではありません。

よく「彼がちっとも私の気持ちをわかってくれない」なんて不満をききますが、はたしてその人は相手が理解するだけの努力をしているでしょうか。自分の気持ちや感情を冷静に伝えたり、イヤなことははっきりイヤと意思表示したり、正直なコミュニケーションができていなければ、相手が自分のことを理解してくれることは不可能に近いのです。

「もっとわかってよ!!」と強く思う前に、わかってもらう努力を続けることが必要です。恋人同士だからといって、なにもかも以心伝心というわけにはいきません。

理想的な恋人・夫婦関係を築いているのは誰? その人たちから学べることはなに?

なにごとも自分の考えだけでなく、他人から学んでみようという姿勢が肝心です、恋愛も例外ではありません。もし、自分たちの関係に欠けているものはなにか、どうすればもっといい関係が築けるか悩んだときは、理想的な関係を築いているカップルたちを「お手本」としてみましょう。そのカップルたちは、友だちや先輩、あるいは家族かもしれません。いい関係を保つためになにをしているか、心がけているか――。自分たちでは思いつかなかった視点を与えてくれます。

もし今の関係で、変えるべきことがあるとしたらなに? 彼の意見は??

今の関係が理想的だと胸をはって言える人はきっと少ないはず。ほとんどのカップルが、「もっとこうしたいのに」という不満や希望があるのではないでしょうか。そして自分の思いだけでなく、「彼だったらどう思っているか」ということも考えてみましょう。

たとえ今おおきな問題ではなくても、このように考えてみることは「リアリティチェック」として機能し、よりよい関係になっていくためのヒントを与えてくれることでしょう。

私たちはうまくコミュニケーションがとれている?

カップル関係の基本であるコミュニケーションをもう一度、よく考えてみることも大切です。彼とはほんとうにオープンに話しあえる間柄と言えるでしょうか。以下のようなポイントで振り返ってみましょう。

・なにか相手に遠慮したり、正直になれない部分はないか

・相手にたいして、「ありがとう」「大好き」といったポジティブなコメントをたくさん投げかけているか

・いいことも悪いことも、まず真っ先に相手に話すことができるか

またなにか問題やネガティブなことを話すとき、ついつい相手を詰問するような強い口調で話したり、言葉こそ発しなくてもダンマリでイヤな態度をとったりしていないでしょうか。

もっとも身近なパートナーだからこそ、どんなときでも相手の気持ちを尊重することを忘れずに、冷静で温かみのある接し方を忘れないことも大切です。ひとくちに“コミュニケーション”といっても、それはなかなか難しいもの。だからこそ普段からきちんと相手と向きあって話ができているか、気をつけるようにしましょう。

元記事を読む