1. トップ
  2. レシピ
  3. ビールのおともはコレ! 美容効果ばっちり「枝豆」があれば怖くない!

ビールのおともはコレ! 美容効果ばっちり「枝豆」があれば怖くない!

  • 2015.8.30
  • 10514 views

この季節、おいしい枝豆。さっとゆでるだけでビールのおつまみや、おやつとして大活躍ですよね! 海外でも枝豆人気は高まっていて「EDAMAME」という名の美容食として美女のあいだで話題なのだとか。晩酌のたびに枝豆を食べれば、美肌効果もアップ!?

今回は、枝豆がもつスゴイ美容パワーに注目してみましょう。

枝豆がもつ3大美容成分をチェック!

1. ビタミンC抗酸化作用が高いビタミンCがたっぷり含まれている枝豆。老化のもと活性酸素の発生を防いでくれるのでアンチエジングに最適です! またビタミンCは一緒に食べたたんぱく質と結合してコラーゲンに変身します。お肉・お魚を食べながら枝豆をつまめば、翌朝はお肌プルプルも夢じゃありません。さらにシミ・くすみのもとメラニンの生成もおさえてくれるので美白効果も期待できます。

2. 大豆サポニン大豆サポニンは、体のなかで食べものが消化されるときに、脂質の吸収をおさえて体脂肪をつきにくくする美容成分です。ダイエット中のおつまみにもぴったりですよね。

また肝臓を守る作用もあるので、お酒を飲むときには枝豆が必須です! 抗酸化作用=老化防止効果もあります。

3. 大豆レチニン大豆レチニンには、お肌の新陳代謝をスムーズにして、必要な酸素や栄養の吸収を促す効果があります。お肌の代謝サイクルを活性化してくれるので、日中にたまったダメージを回復する機能などもアップ!

また脳細胞を活性化する効果もあり、日々の頭の疲れを癒したり、記憶力をアップ、頭をスッキリさせる作用もあるそうです。

枝豆はこんな悩みに効果的です!

大豆由来の強い抗酸化パワーをもつ大豆は、冷え・コリ解消・不眠・イライラ生理不順・便秘解消・貧血・肌トラブル・美白・アンチエイジング――などに効果があるといわれています。おつまみの定番がここまで美容に効果的だったなんて、ちょっと驚きですよね。

枝豆の選び方&保存の仕方は?

旬の枝豆、生で購入してさっとゆで、今が一番栄養のとれる季節です。でもじつは、傷みやすいというデメリットも。どんどん鮮度が落ちるので、買うなら枝つき、葉っぱつきのものがオススメです。緑色が濃く、さやに生えた産毛がしっかりしているとおいしい枝豆の証拠です!

買ったあとはできるだけ早く、遅くても3日以内にはゆでておきましょう。ゆでたあとは冷蔵庫で4日ほど保存できます。冷凍すれば長持ちするので、かためにゆでて冷凍、食べる前にさっとゆでなおすとおいしく食べられます。

お酒のおつまみは枝豆できまり! 今日の晩酌からさっそく、ゆでた枝豆を食べて美容効果をアップさせちゃいましょう。

元記事を読む