1. トップ
  2. レシピ
  3. STAUB料理を脱マンネリ。もっとオシャレで美味しい一品を。(Yuka Tsukano)

STAUB料理を脱マンネリ。もっとオシャレで美味しい一品を。(Yuka Tsukano)

  • 2015.8.30
  • 570 views

【さらに写真を見る】STAUB料理を脱マンネリ。もっとオシャレで美味しい一品を。(Yuka Tsukano)

プロのシェフたちも愛用するSTAUB(ストウブ)のお鍋。私はサイズ違いで使い分けています。食欲の秋にはもっとストウブが活躍してくれるはず!というわけで、人気シェフがストウブで作った、真似してみたいお料理を公開。私が実践しているストウブでの炊飯レシピも。

人気ペルー料理店「ベポカ」のシェフがストウブで作った絶品炊き込みご飯!

STAUB(ストウブ)のお鍋「ピコ・ココット」の魅力は、食材のもつ旨味を含んだ水分を蒸気に変えてくれるので、煮るのも焼くのも何でもひとつで出来ちゃうところ。我が家でも、牛肉赤ワイン煮込み、肉じゃが、カレー、炊飯……と大活躍しています。が、私のストウブ料理もマンネリ化。そんな矢先、ペルー料理店「Bepocah」(ベポカ)で、ストウブを用いて調理した絶品料理をいただく機会がありました。

これはぜひ真似したい!と思ったのが、写真の「アロス・コン・パト」(鴨のコリアンダーごはん)。一人用に小さなココットで炊き上げた、コリアンダー風味の炊き込みご飯です。直接コンロにかけてもいいですが、この日はオーブンで一度にたくさん焼いたとのこと。ストウブには、さまざまな色や形のココットがそろっているので、ホームパーティでゲストに一つずつ色&形違いで振る舞ったら喜ばれること間違いないでしょう。STAUB WORLD RESTAURANT TOUR

次回は肉料理で有名なフランス料理レストラン「マルディグラ」とのコラボイベントを9月26日に開催予定。詳細はこちらをチェック。

http://www.zwillingonline.jp/products/detail1368.html

グリルパンで焼き色をつければ食欲UP。

こちらはストウブのグリルパンでジューシーに焼き上げられた「アンティクーチョ・デ・コラソン」(牛ハツの串焼き)。ペルーには唐辛子の種類がたくさんあるそうですが、こちらの牛ハツには、黄色、緑、赤の唐辛子のソースが添えられています。ココット同様、ストウブのグリルパンにもさまざまな色や形のバリエーションがあります。ストライプに焼き色がついたお肉や野菜は食欲をそそられますね。

ペルーの国民的ドリンク&料理とは?

ペルー料理の代表格いえば、魚介のマリネ「セビチェ」。ベポカでいただいたセビチェは、白身魚と海老に、玉ねぎ、トマトを和え、アヒ・アマリージョという黄色い唐辛子をスパイスに、レモンをたっぷり絞ったもの。酸っぱさと辛さのバランスが絶妙で、癖になる一皿です。隣は、ブドウの蒸留酒ピスコをつかったペルーの国民的ドリンク「ピスコサワー」。アルコール度数が42度もあるという強いお酒ピスコに、卵白、氷、砂糖、レモン(ライム)をシェイクしトッピング。スパイシーな料理にぴったりな一杯です。

ご飯を簡単に且つかなり美味しくストウブで炊ける黄金レシピ。

私が狙っている次なるストウブは、ご飯を炊くために開発された、羽釜の形をしたココット「ラ・ココット de GOHAN」。フタの内側にある「システラ」と呼ばれる突起が、加熱すると鍋の中の蒸気をとらえ、水滴に変えて雨のようにご飯に降り注ぐ。このシステラがごはんを美味しく炊く秘密だそう! 通常のピコ・ココットでも十分美味しくご飯を炊くことができるので、これで炊いたらどんなに美味しくなるのか……とっても楽しみ! ちなみに私が実践しているストウブでの美味しいご飯の炊き方は、こちら。2合炊きには18cmのストウブがジャストサイズです。

1.お米を研ぎ、ザルに上げ、30分ほど置く。

2.ココットにお米とお米と同量の水(360cc)を入れ浸水。

3.蓋をずらして開けた状態で、中強火で加熱。

4.沸騰してきたら、蓋をして、弱火で10分。

5.火を止めて蓋をしたまま更に10分蒸らす。ツヤツヤのご飯が炊きあがります。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む