1. トップ
  2. 恋愛
  3. ネトフリ配信の新ドラマ『39歳』脚本家が伝えたかったメッセージとは?「私からすれば39歳も青春」

ネトフリ配信の新ドラマ『39歳』脚本家が伝えたかったメッセージとは?「私からすれば39歳も青春」

  • 2022.2.15
  • 2294 views

韓国JTBC新ドラマ『39歳』(Netflixで同時配信)の脚本家が見た39歳はどんな歳だろうか。

初回放送を2月16日に控えた同作は、40歳を目前に控えた女性3人の友情と愛、人生についての深い物語を描いたリアリティヒューマンロマンスドラマ。『愛の不時着』で知られるソン・イェジンと『賢い医師生活』のチョン・ミド、そしてキム・ジヒョンが主演する。

脚本を手がけたユ・ヨンア作家はまず、「愛情を持って、長い期間、手放せなかったシナリオだ」と明かした。もともとは3人の友だちの恋愛話がメインである映画のシナリオとしてスタートしたという。

前作『ボーイフレンド』の次回作としてドラマを考えていたところ、このシナリオをドラマにすればどうかと悩んだ末に、とある短編小説に出てくる養子縁組の青年を見て3人の友だちの話に養子縁組の話を溶け込ませたそうだ。

ユ・ヨンア作家は「20代前半の頃は30歳が結構すてきに見えた。29歳になればワクワクするかと思いきや、いざなってみると特に何も感じなかった。ただ生きていくので精一杯で、大した情緒を感じなかった。しかし、39歳は違った。もう40だというプレッシャーがあった。40歳は『不惑』と言って、どんなことにも揺れない歳だというが、むしろ一年中揺れ動く。その40を目前にした緊張いっぱいの歳、39歳を描いて見たかった」と明かした。

また、「49歳になって50を目前に控えている私からすれば、39歳も青春だ」と付け加え、過ぎた日々への愛情を滲み出させている。

(写真提供=JTBCスタジオ)

養子縁組や余命宣告などのシリアスな題材を丁寧かつ愉快に描くところは、早くもドラマファンが好感を示す部分だ。

ユ・ヨンア作家は「新しい車を買ったり、家を買った時に味わう幸せは思ったより賞味期限が短いという。また、人間関係が上手くいかない時の不幸は長く続くという。私たちが困難にぶつかった時、最も大きなエネルギーを与えるのはお金や名誉ではなく、友人たちとの率直で心温まるコミュニケーションではないだろうか。余命が短いだろうが、養子縁組だろうが、偽りのない関係が最も大事だと思う」と語り、ドラマで伝えたいメッセージをうかがわせた。

最後には「『39歳』は俳優たちが主な動力だ。本当にありがたいキャスト陣だ」と、俳優たちへの感謝も忘れなかった。

「キャラクターをより魅力的に作ってくれた俳優たちの演技にびっくりした。私が想像しながら書いた人物よりも美しくて愉快で、素晴らしかったのでやはり最高の俳優たちだと思った。すごく感謝している」

3人の女性たちの輝く時代へとドラマファンを誘う『39歳』は、2月16日22時30分に韓国JTBCにて放送開始される。Netflixでも同時配信予定。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる