1. トップ
  2. 「気付いてあげられなくてごめん」体の異変は赤ちゃんからのSOSで… #双胎間輸血症候群になった話 3

「気付いてあげられなくてごめん」体の異変は赤ちゃんからのSOSで… #双胎間輸血症候群になった話 3

  • 2022.2.11
  • 680 views

「双胎間輸血症候群になった話」第3話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。転院先の先生から現状と治療法の説明を受けたさゆりさん。しかし、今の段階は条件を満たしていないため、すぐに手術は受けられないと言われてしまい……!?

「双胎間輸血症候群になった話」第3話

おなかの異変は赤ちゃんからのSOSだったことに気付いたさゆりさんは、思わずおなかに向かって泣いて謝ります。

どうすることもできない現実に、ただただ祈るさゆりさん。

「明日も2人が生きていますように……」

翌朝になると、看護師さんが赤ちゃんの心音を確認しに来ました。

すると、ポコン、ポコン、ポコン……と心音が!!

赤ちゃんが生きていることに安堵するさゆりさん。

しかし、先生の診察を受けると、手術ができる条件をまだ満たしておらず、明日もう一度診察することになります。

先生方にお礼を言いながら病室を後にしますが、その目には涙が……。

監修/助産師REIKO


著者:マンガ家・イラストレーター さゆり

和歌山県出身。食べることと絵を描くことが好き。双子の男の子の母。

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる