1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『ロマンス』タナダユキ監督インタビュー 【前編】大島優子との撮影秘話と、はじめての箱根

映画『ロマンス』タナダユキ監督インタビュー 【前編】大島優子との撮影秘話と、はじめての箱根

  • 2015.8.27
  • 1235 views

ロマンスカーと箱根を舞台に繰り広げられる、ある1日の出来事。偶然の出会いと別れを綴った小さな旅の物語『ロマンス』が8月29日に公開されます。 この映画の監督と脚本を務めたタナダユキさんに、本作について、そして旅についてお聞きしました。

キャストに助けられた時間制限のあるロマンスカーでの撮影

――「ロマンス」は、小田急ロマンスカーのアテンダントとして働く26歳の女性が主人公の映画ですが、等身大の女性が描かれているのが魅力だと思いました。監督が思う本作の魅力や見どころを教えてください。

「主演の大島優子さんのいろいろな表情や、大島さんと大倉孝二さんの掛け合いが魅力です。見どころは、やっぱり箱根のいろいろな風景ですね」

――映画を観ていても、大島さんと大倉さんの相性の良さが伝わってきましたが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

「2人の相性は非常に良かったです。主導権は、早い段階から大島さんが握っていた感じでしたね(笑)。彼女はすごく朗らかで明るいので、時間のない撮影の中、精神的に大島さんに助けれられる部分が大きかったです」

――ロマンスカーでの撮影はいかがでしたか?

「小田急さんの全面協力で、往復の回送電車を貸していただいたり、実際に走っている電車の車両を使わせていただきました。走っているロマンスカーの中での撮影は、時間に制限があるので、どうしても気持ちが焦ってしまいましたが、大島さんも大倉さんもNGはほぼなく、とても助かりました」

今回の撮影をきっかけに初めて訪れた箱根

――本作の撮影をするまで、箱根を観光されたことがなかったとお聞きしました。

「そうなんです。新宿から1時間半弱で行けるから、いつでも行けると思っていたためか、行ったことがありませんでした。今回、ロケハン(ロケーション・ハンティング。撮影場所を探すこと)で何度か箱根に行ってみて、都会とは全く景色が違うし、ロマンスカーに乗って外を見ていても、途中から高い建物がなくなってくるので、すごく旅行気分を味わえることを知りました。そうそう!下調べに『ことりっぷ箱根』を使わせてもらいました。一泊二日ならどう回ればいいかとか、車だったら大涌谷に行けて、仙石原も芦ノ湖も行けるんだなと、非常に参考になりましたよ」

――それは嬉しいです。ありがとうございます! 撮影期間中に、自由な時間はありましたか?

「残念ながら、撮影中は忙しくて、温泉にも全く行けませんでした。すごく行きたかったんですけど。撮影で登山鉄道や、ロープウェイに乗りましたが、箱根にはいろいろな乗り物があるんですね。今度はプライベートで、ぜひまた行きたいですね」

<後編に続く>

タナダユキ

1975年8月12日生まれ、福岡県出身。2001年、『モル』で第23回PFFアワードグランプリとブリリアント賞に輝き監督デビュー。主な監督作に『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』『四十九日のレシピ』などがある。

『ロマンス』

(c)2015 東映ビデオ

8月29日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

配給:東京テアトル

公式サイト:http://movie-romance.com/

オリジナルサイトで読む