1. トップ
  2. ファッション
  3. 理想のメイクをするために!4つの「顔タイプ」診断テスト

理想のメイクをするために!4つの「顔タイプ」診断テスト

  • 2015.8.27
  • 22560 views

みなさんには、理想とする“なりたい顔”はありますか? また、普段のメイクで“なりたい顔”になれていますか?

理想と現実のギャップに悩んでいる人は、自分の「顔タイプ」がわかれば、理想の顔になれるかも……!

『美的』10月号では、ヘア&メークアップの野口由佳さん、心理カウンセラーの小高千枝さん、パーソナルカラーアナリストの矢吹朋子さんの監修による“4つの顔タイプ”チェックシートで、自分の顔がどのタイプになるのかをセルフチェックしてみましょう。

※複数のタイプでチェックの数が同じになった場合は、以下の色で判断を!
●ラベンダーが似合う人→顔タイプ01
●ピンクが似合う人→顔タイプ02
●ロイヤルブルーが似合う人→顔タイプ03
●オレンジが似合う人→顔タイプ04

顔タイプ01

□かわいいよりキレイと言われることが多い

□目鼻の配置バランスがいい眉の形がしっかりしているがあまり太くはない

□肌に透明感がある

□面長

□サバサバしていそうと言われる

□きちんとしていそうと言われる

□眉の形がしっかりしているがあまり太くはない

□目元は切れ長

□口は大きく唇は薄め

□「人見知り?」と聞かれることが多い

顔タイプ02

□眉は短くてほわっとしている

□眉と目の間が広め

□目はアーモンド形

□瞳の色が薄くてキラキラしている

□目と目の間が広め

□小鼻の張りがあまりない

□口は小さくてちゅんとしている

□肌の表皮が薄くて赤みが出やすい

□年下に見られがち

□おしゃべり好きそうと言われる

 

顔タイプ3

□目と眉の間が狭め

□黒目と白目のコントラストがはっきりしている

□肌の表皮が厚くて赤みが出にくい

□口が大きくて唇は厚め

□頑固そうだと言われる

□人から相談を受けがち

□眉の形がしっかりしていて太め

□目は大きくて瞳孔が開き気味

□目鼻が中央に寄っていて立体的な顔だち

□エラがしっかりしている

 

顔タイプ04

□眉は太めで淡い

□鼻筋が通っている

□口は小さめだが唇は厚め

□社交的で友だちが多そうと言われる

□悩みがなさそうと言われる

□おでこが出ている

□二重幅が広い

□黒目が大きい

□目の形はころんとしていて丸みがある

□肌はつるんとしていて赤みはあまり出ない

 

チェックが済みましたか? どの顔タイプのチェックが多かったかで、それぞれの顔だちにおすすめのメイクやカラーがわかります!

01 <あっさりハンサム顔>

ほんのりクールな顔立ちで、シンプル&すっきりした印象が魅力。一方で、冷たさや鋭さを感じさせてしまうことも……。

●バランスのいい骨格なので、眉を主張させてアクセントをつけましょう。

●甘えさせてくれる人とうまくいくので、上手に気さくな感じを演出して。

●寒色の無地服+細いプラチナアクセがマッチ。ラベンダーのトップスなら、ソフトさも加わります。

 

02 <あっさりかわいい顔>

ふんわりソフトな印象を与える、愛され顔。ピンク肌でピンク系メイクが似合うキュートさが、たまに子供っぽく見られる原因に。

●平ための骨格で顔のパーツはやや外側め。ほどよい甘さの、まさに旬の顔だち。

●好感度が高い反面、同性から敵視されることも。冷静な女性を演じるのがおすすめ。

●色素が薄く、透明感ある肌やキラキラした瞳の印象。ピンク系に近い肌がくすんで見えないよう、アースカラーは避けて。

 

03 <こっくりハンサム顔>

立体的ではっきりした、日本人離れしたエキゾチックなタイプ。濃くてかっこいい反面、かたくて圧が強く見えがち。

●欧米系とのハーフのような立体的な顔。色を使ったポイントメークが似合います。

●プライドが高くて頑固な反面、明朗活発で、情に厚いところも。

●彫りの深い顔だちだから、濃くて深い色がハマります。ペールカラーは、印象がボケてしまう可能性が。

 

04 <こっくりかわいい顔>

安心感を与える明るい丸顔で、はっきりした目鼻だち。女性が理想とする顔だちだからこそ、“抜け”を感じさせることがマスト。

●美人の条件がそろった顔。メイクを頑張りすぎると古く見えるので“抜け感”を。

●流されがちな傾向があるので、ときには主張を強く出すことが大切!

●大人かわいい印象のため、コーラルピンクが似合います。ビビッドカラーは子供っぽく見えることも。

 

みなさんの顔は、どのタイプでしたか? 次回(8月29日)は、それぞれの顔タイプを生かした“イマドキ顔”になるための具体的なメイク方法をご紹介します! お楽しみに!(さとうのりこ)

『美的』2015年10月号(小学館)

元記事を読む