1. トップ
  2. レシピ
  3. 生クリームのコクが決め手のスウェーデンの定番料理"ヤンソンの誘惑"

生クリームのコクが決め手のスウェーデンの定番料理"ヤンソンの誘惑"

  • 2022.2.9
  • 445 views

シンプルな材料でつくるから素朴なおいしさです。夕飯のおかずにするほか、温製オードブルや肉料理のつけ合わせにも。人気料理研究家のサルボ恭子さんに、オーブンでつくる冬に嬉しいアツアツレシピを習いました。

生クリームのコクが決め手のスウェーデンの定番料理"ヤンソンの誘惑"

■“ヤンソンの誘惑”のつくり方

細切りじゃがいもとアンチョビ、生クリームでつくるスウェーデンの家庭料理で、グラタン料理の傑作。ベシャメルソースやチーズがなくても十分おいしい。


◇材料 (3~4人分)

じゃがいも:4個(メークイン)
玉ねぎ:大1個
にんにく:1片
アンチョビ:12枚
サラダ油:大さじ1
塩:小さじ1/4(粗塩)
生クリーム:200ml


(1)下ごしらえ
じゃがいもは皮をむいて5mm~1cm角の棒状に切る。玉ねぎは半分に切ってから繊維に沿って薄切りにし、にんにくも薄切りにする。アンチョビはキッチンペーパーで余分な油を吸い取る。

(2)炒める
フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、玉ねぎとにんにくを入れて炒め始め、塩をふり、玉ねぎがしんなりとするまで炒める。

(3)容器にのせる
耐熱容器にじゃがいもの半量を入れてアンチョビ6枚を放射状にのせ、2をのせる。残りのじゃがいもを重ねて入れ、残りのアンチョビを放射状にのせ、生クリームを回し入れる。

(4)オーブンで焼く
220℃のオーブンで20~30分、じゃがいもがやわらかくなっておいしそうな焼き色がつくまで焼く。

完成
完成

――教える人

「サルボ恭子 料理家」

老舗旅館の長女として生まれ、料理家の叔母に師事したのち渡仏、ル・コルドンブルー・パリ、リッツ等の料理学校を経て「オテル・ド・クリオン」調理場へ。当時2つ星のメインダイニングのキッチンとパティスリーに勤務。帰国後、料理研究家のアシスタントを経て独立。フレンチの手法を取り入れた家庭料理に定評がある。雑誌やテレビなどへのレシピ提供のほか、料理のプロとして生地の開発から参画したオリジナルエプロン「NOTRE TABLIER」のプロデュースなど精力的に活躍。


※この記事の内容は、四季dancyu「冬のキッチン」に掲載したものです。

文:松原京子 写真:木村 拓

元記事で読む
の記事をもっとみる