1. トップ
  2. 恋愛
  3. 芸人である前にマーベル作品が大好き! Netflix『デアデビル』の魅力について語る

芸人である前にマーベル作品が大好き! Netflix『デアデビル』の魅力について語る

  • 2015.8.26
  • 779 views

日本では9月2日(水)よりサービス開始となるNetflix。オリジナル製作ドラマ『デアデビル』の作品PRのため、8月26日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールにて、日本最速上映会並びに"マーベル大好き"芸人の中田敦彦(オリエンタルラジオ)、なだぎ武、竹若元博(バッファロー吾郎)、おもしろ佐藤(御茶ノ水男子)、玉城泰拙(セブンbyセブン)によるトークショーが行われた。

undefined

【関連動画】Netflix製作のTVシリーズ『デアデビル』特別映像はこちら!

5人はそれぞれ自前の"マーベル大好き"Tシャツでトークイベントに参加。会場に集まった一般の観客と共に、『デアデビル』の魅力についてトークが盛り上がった。

なだぎは「本作は映画にもなっているが、やはりドラマ向きの作品だと実感した。じっくり鑑賞できるからすごく嬉しい」と話し、中田は「子どもたちにも観てもらいたい。弁護士が主人公ということで、"弁護士ってかっこいい!"と憧れると思う」と真剣にマーベルのヒーロー作品について熱く語った。また、玉城は真っ赤なTシャツにスパッツ姿で「デア・デブルです」と自己アピールし、会場の笑いを誘った。

全13話にわたって、「善と悪の境界線」に焦点を当て、リアルなアクションを交えながらマーベル屈指の人気ヒーローの誕生を描く本作。昼は盲目の弁護士として働き、夜は極限まで鍛え上げた身体能力を武器に、クライム・ハンター「デアデビル」として法では裁き切れない悪に立ち向かうマット・マードック(チャーリー・コックス)が、「正義の行いとは何か」という葛藤を抱きながら孤独な戦いを続けるストーリーに、男性のマーベルファンのみならず、女性も魅了されるに違いない。

『デアデビル』は9月2日(水)より、Netflixにて日本初配信開始となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:竹若元博、なだぎ武、中田敦彦、おもしろ佐藤、玉城泰拙(左より)

元記事を読む