1. トップ
  2. ダイエット
  3. パンパン脚になってない?知らないうちに脚が太くなる原因3つ

パンパン脚になってない?知らないうちに脚が太くなる原因3つ

  • 2015.8.25
  • 321 views

毎日一生懸命働いていると、下半身の倦怠感やダルさと感じることはありませんか? 実はそれ、脚が張っているのを放置していることが原因みたいなんです。太くて硬いゾウ脚の原因にもなる脚の“パンパン”は「たくさん歩き回る」「冷えを放置」「運動不足」が原因のようですよ。

■脚の”パンパン”を放っておくとどんどんダル〜く&ゾウ脚に!

「脚がダルく、下半身が重いと感じる時は、脚がパンパンに張ってしまっているケースが多い」そう教えてくださったのは、こいずみ鍼灸整骨院 大森2の森裕之院長(写真)。さらに、この脚の疲れや倦怠感を放置し続けると、脚の張りはどんどん悪化し、ゾウ脚のような状態になることもあるのだとか。

■脚がパンパンになる原因3つ

(1)歩きまわったまま寝る

歩き回ることは脚にとって良いことのような気がしますが、そのまま脚の疲れをやわらげずに寝るのはタブー。酷使した筋肉をほぐすためにも、たくさん歩いた日は寝る前にストレッチを。

(2)冷えを放置

下半身、特に脚が冷えていると、脚の血流が滞ってどんどんむくみやコリが進んでしまいます。冷えを改善することは、下半身のダルさや気になる脚の太さの改善にもつながりますよ。

(3)運動不足

歩きすぎも好ましくありませんが、運動不足のデスクワークもまた、脚がパンパンに張ってしまう理由のひとつ。毎日座りっぱなしの職業の人は、仕事の合間や帰宅後などにリラックスを兼ねた軽いストレッチや運動を。

使わなくても、使いっぱなしでも良くないのが私たちの身体。すらっと伸びた脚のためにも、冷えや運動不足、身体の酷使などはなるべく改善したいものですね。

(前田紀至子)

【取材協力】

こいずみ鍼灸整骨院 大森2

〒143-0016大田区大森北1-13-13 ヤマニビル1F(大森銀座商店街ミルパ内)

TEL:03-5493-5123

元記事を読む