1. トップ
  2. メイク
  3. 簡単テクで化粧崩れが激変! 覚えておきたい夏メイクの小ワザ

簡単テクで化粧崩れが激変! 覚えておきたい夏メイクの小ワザ

  • 2014.8.18
  • 966 views

汗をかく夏は毛穴が目立つし、肌のテカリやファンデが浮いたりと、メイクを長持ちさせるのが大変。そこで、誰でもできる夏のメイクの仕方と、あっという間にできる化粧直しの方法をご紹介します。

■ 崩れにくい夏メイクの方法

どうせ汗で崩れちゃうから、ベースもファンデも薄塗りで、というのは大きな間違い! 皮脂による化粧崩れを防ぐ近道は、ベース作りにあります。

● リキッドファンデには、おしろいをプラス

肌に密着するリキッドはキレイが長持ちしますが、ベタつきが気になることも。そんなときは、おしろいを重ねればサラサラ肌の完成。夏メイクが長持ちします。

● パウダリーは、水使用がポイント

パウダリーファンデは水に濡らしたスポンジを使う「水使用」がオススメ。肌の温度が下がるので皮脂量がセーブされてテカり防止にも効果大。さらに水分がプラスされることで肌への密着感もアップ。つややかな仕上がりで、化粧崩れがしにくくなります。

● BBクリーム派はフェイスパウダーを仕上げに

メイク時間を短縮したい人はBBクリームが便利。BBクリームをむらなく均一にのばしてから、フェイスパウダーをつければテカリも抑えられ、キレイな仕上がりがキープできます。

● 毛穴やTゾーンは専用アイテムでテカリ予防

皮脂が出やすい夏は、毛穴のポツポツやTゾーンのテカリが気になります。そんな時は、毛穴の凹凸を隠す化粧用下地や、テカリを抑えるコンシーラーなどの専用アイテムを使ってからファンデを塗ると仕上がりがぐーんとよくなります。

■化粧直しのコツ

午前中はキレイがキープできたのに、午後になったら化粧が崩れてしまった。ついつい、ファンデを重ねて対処してしまうことがありますが、これではファンデがヨレてしまって逆効果。簡単なお直しテクニックで涼しげメイクを復活させて!

● テカリが気になる時は 浮いたファンデをティッシュオフしたら、部分用下地を気になる部分に塗ります。あとは仕上げにファンデを薄くのばせばOK。あぶらとり紙で皮脂をオフしてから、ミスト状の化粧水で保湿。スポンジに少量のファンデをとって薄く塗る方法もあります。ファンデは厚塗りしないように気をつけて!

● 汗でメイクが崩れた時は 大量の汗で化粧が崩れてしまったら、思い切ってメイクをリセットさせて。水・乾両用のファンデの場合、こすらないように手で肌に水をかけ、汗を洗い流します。ティッシュで抑えるようにしてから水分を取り、ファンデを薄くのばせばOK。

●アイシャドーや目の下のくすみを直したい時は アイシャドーがヨレてしまった時は、コットンチップ(綿棒)でまぶたのヨレや目尻のにじみを取ります。目の下のくすみが気になる時は、リキッドタイプのコンシーラーでカバー。軽く押さえるように伸ばすのがコツ。それからアイシャドーやファンデを塗り直せば完成。

■化粧水のミストはメイク直しの万能アイテム

夏の化粧直しにぜひともそろえてもらいたいのが、ミスト状の化粧水。汗や皮脂で開いた毛穴をきゅっと引き締めるだけでなく、メイクのうえからも使えるので冷房で乾燥した時の保湿用としても活躍。 化粧直しをする場合は、ファンデが浮いている部分に軽く吹きかけて、ティッシュでオフ。その後、化粧水を肌になじませてからファンデをつければ化粧直しも簡単にすみます。大量の汗でメイクが流れた時は、クレンジングシートでファンデを拭き取り、ミストで保湿をしてからファンデを塗り直せば、涼顔も復活します。

簡単にできる小ワザで、化粧崩れももう怖くない。メイクも気分もリフレッシュして、夏を満喫しちゃいましょう! (LBR編集部)

の記事をもっとみる