1. トップ
  2. 恋愛
  3. 家事をしながらお酒を飲むと、お店で「ひとり飲み」したような気分に【毎日が変わる片づけのワザ(55)】

家事をしながらお酒を飲むと、お店で「ひとり飲み」したような気分に【毎日が変わる片づけのワザ(55)】

  • 2022.2.6
  • 2616 views

整理整頓や片づけは、少しでも生活を快適にするために避けては通れない課題の1つですが、いざ取り組んでみたところで「なかなか片づかない…」という方は少なくないようです。そこで、整理収納アドバイザーとライフオーガナイザーの資格取得の際に学んだ内容から、仕事や家事、気持ちを片づけるときの基準にしていることを紹介します。

家事をしながらお酒を飲むと、お店で「ひとり飲み」したような気分に

わたしにとって至福の時間は、週末の日中に家事をしながらお酒を飲むこと。お酒を飲みながら家事をする、の方が感覚に近いかもしれません。この時間をもてると、「今、わたしは休日を過ごしているのだ~!」と実感ができて、とても幸せな気持ちになります。

ただ家でお酒を飲むだけでも、ただ家事をするだけでも味わえないこの感覚はなんなのだろう、とずっと考えていました。家事をしながらのお酒は、自分と向き合い、そして緊張をちょっとほどくことができる時間。主に、翌週分のおかずの仕込みや、片付けをしながらお酒を楽しんでいます。

これって、もしかしたらお店で「ひとり飲み」するときの感覚に似ているのかも、とあるとき思いました。

わたしはお店でひとり飲みをしたことはまだ2回しかありません(おばあちゃんになるまでには、好きなお店でさくっと1〜2杯飲んで帰れるような大人になりたいな、と思っています)。

わたしが思う、ひとり飲みのメリット

・誰にも気を使わないで自分のペースで飲める

・ひとりの時間を作れる

・飲みたいお酒を、飲みたいスピードでゆっくりと楽しめる

・飲みたいと思ったときにパッと飲める

・自分の世界にどっぷり浸れる

・おつまみを独り占めできる

・ゆっくりお酒を飲むことで、本当の(酔いの)キャパシティが分かる

・自分のペースでリラックスしながら静かに飲めるのでストレス発散になる

お店でひとり飲みするときは、ほかにも…

・お店の人や他のお客さんとの交流ができる(かも)

・好きな時に帰れる

・気軽に寄れる、居心地のいい場所ができる(かも)

などもあると思うのですが、それ以外のメリットはほぼ、家飲みでかなえられる(ような気がする)のです!

ひとりで、自分の内面と向き合いながらゆっくり飲むお酒は、場所が家だとしても、それもとても楽しい「ひとり飲み」の時間。「週末(ひとり飲み)にとっておこう」と、事前にビールやおつまみを買っておくのも楽しみの1つ。これからも、毎週末のこの時間を大切に、楽しみに過ごしていきたいものです。<text:なまけるための片付け/花太郎(整理収納アドバイザー) https://note.com/namake_kataduke>

元記事で読む
の記事をもっとみる