1. トップ
  2. グルメ
  3. インターコンチネンタル ホテルズグループの国内約20のホテルで、世界の一流シェフのシグネチャーディッシュが楽しめる「IHG食をめぐる旅」を展開中。

インターコンチネンタル ホテルズグループの国内約20のホテルで、世界の一流シェフのシグネチャーディッシュが楽しめる「IHG食をめぐる旅」を展開中。

  • 2015.8.25
  • 548 views

【さらに写真を見る】インターコンチネンタル ホテルズグループの国内約20のホテルで、世界の一流シェフのシグネチャーディッシュが楽しめる「IHG食をめぐる旅」を展開中。

ロス・ラステッド氏の料理(イメージ)

AMEA(アジア・中東・アフリカ)地域に、6つのブランド(インターコンチネンタル  ホテルズ&リゾーツ、クラウンプラザ、ホテル インディゴ、ホリデイ・イン、ホリデイ・イン エクスプレス、ステイブリッジ スイーツ)、250以上のホテルを展開している、インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG™)。そのIHGが、世界の幅広いジャンルで活躍中の一流シェフがプロデュースするオリジナルメニューをグループホテルのレストランで提供するIHG「食の親善大使(Culinary Ambassador)」プログラムを展開中。現在、国内の約20ホテルで、世界の一流シェフのシグネチャーディッシュを楽しむ「IHG食をめぐる旅」を期間限定で実施している。

ホテルによって提供期間やメニューは異なり、2015 年11月15日(日)まで、3~4名のIHG「食の親善大使」それぞれがプロデュースするコースメニューを順次提供。たとえば、ANAインターコンチネンタルホテル東京3階「ザ・ステーキハウス」では、2015年9月20日(日)まで、オーストラリア・シドニーのスターシェフ、ロス・ラステッド氏の特別メニュー(2コースメニュー5,500円、3コースメニュー6,500円。いずれも税・サービス料別)に舌鼓が打てる。

その他のインターコンチネンタル、ANAクラウンプラザホテル、ホリデイ・インのホテルおよびリゾートでは、ロス・ラステッド氏のほか、「京料理 たか木」の高木一雄(日本料理)、テオ・ランダール(田舎風イタリア料理)、あるいはサム・レオン(シンガポール風中国料理)の4氏の料理から好きなものがセレクトできるセットメニューを提供。

間もなく食欲の秋がやってくる。国内のホテルにいながら、世界的シェフの新しいダイニング体験が展開されるIHG「食をめぐる旅」に出かけるには格好の季節だ。

http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/fair/#culinary_journey

IHG「食をめぐる旅(Culinary Journey)」

(ANAインターコンチネンタルホテル東京)

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む