1. トップ
  2. 恋愛
  3. 菜々緒、「彼氏の●●は見て見ぬフリをするタイプ」

菜々緒、「彼氏の●●は見て見ぬフリをするタイプ」

  • 2015.8.24
  • 42843 views

ベストセラーとなったジェーン・スー原作の “逆” 結婚指南書『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ社刊)のドラマ版として昨年放送され、多くの女性から圧倒的な共感と支持を得た、同名ドラマの待望のシーズン2が、いよいよ9月2日(水)より放送スタート!

そんな『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』シーズン2に出演する菜々緒さんにインタビューを行ってきました!

今回、菜々緒さんが出演するのは、『彼の浮気を許し続けた。もしくは、あなたの浮気がバレ続けた。』 『そういうテクニックにひっかかる男は、全員バカだと 思ってしまう。』 『彼に「保険に入れ」と言ったことがある。』の3つのエピソード。

30歳を目前にし、結婚を焦る女性、美園を演じます。

 


Woman Insight編集部(以下、WI) 脚本を読んでみて、どんな部分に魅力を感じましたか?


菜々緒さん(以下、菜々緒) 私が出演する回は、“飼い猫が人間の姿になって会話をする”というとても刺激的な設定で、クヨクヨしているとその猫ちゃんが、ツッコミというか……ズバズバ意見を言ってくれるんです。そのドSな猫ちゃんとの掛け合いも面白いです。でもそれに対して彼氏は、すごく甘えん坊の人懐っこい犬タイプで……。その対比が面白いところかなと思いました。


WI 今回、菜々緒さんが演じられた美園は “彼氏が浮気しているのに見て見ぬフリをしている” という女性ですが、そんな美園をどう思いますか?


菜々緒 どちらかと言うと、私も見て見ぬフリをするタイプかもしれません。


WI えっ!(驚き)そうなんですか?


菜々緒 いらない “勘” が 働くタイプなんです。今回演じた美園も好きって気持ちがあるからこそ疑ってしまったりとか、怪しいなと思いつつも知らないフリをするようなところがあるので、そういったところは共感するというか、わからなくもないなって気持ちはすごくありました。


WI ちなみに菜々緒さんは、どこからが浮気だと思いますか?


菜々緒 “キスしたから”とか“ふたりで会ったから”っていうよりは……、(彼に)うしろめたい気持ちがあったりとか、それに対して(自分が)苛立ったり、嫌だな、耐えられないな、と思った時ですかね。あと、相手にもよると思うんです。例えば、幼馴染だったらふたりでゴハンも行くだろうし、もしかしたら本当に親しい何の感情もない人だったら泊まらせてもらったりってこともあるかもしれないので、自分自身が嫌かどうか、その感情によるのかなって思います。

 


WI 甘え上手な慶(彼氏)のような男性については、どう思いますか?


菜々緒 慶のように甘えてくれる男性のほうが好きですね。しっかりしていて、自分のことは自分でこなしていけるような人も好きなんですけど……ちょっとダメだったり、自分が支えてあげなきゃ!って思うような人にも結構惹かれがちではあります。なので(美園の気持ちは)わからなくはないです。自分にわりと近い部分がありますね。


WI ということは、菜々緒さん的に、慶という男性は魅力的ということですか?


菜々緒 そうですね。愛想がよくて甘えん坊で、愛嬌がある人ってゆうのは、クールで無愛想な人よりは、いいなと思います。

 


WI 結婚観についてお聞きしたいんですが、結婚願望はありますか?


菜々緒 この仕事を始める前は20代半ばで結婚したいなと思っていましたが、予想以上にこの仕事が楽しくて、やりがいもすごく感じていて……。実際に今、結婚したいと思っていた年齢に達していますが、逆にその年齢に達してみるとやりたいことが多すぎて、今はまだ結婚したいという願望はありませんね。今しか出来ないことをやるのが一番だと思っているので、いずれは(結婚)したいですけど、近いところでは(結婚は)ないですね。

 

菜々緒さんが “浮気を見て見ぬフリをするタイプ” とは意外でした! 後編では……菜々緒さんが学生時代に好きだった先輩へ実際に行ったアピール方法などをお伝えします! お楽しみに! (白鳥優香)

CS 放送・女性チャンネル♪LaLa TV にて放送スタート!
「私たちがプロポーズされないのには、101 の理由があってだな」シーズン 2
9月2日(水)スタート!毎週水曜日23:00~/毎週土・日曜日23:00~放送
原作:ジェーン・スー「私たちがプロポーズされないのには、101 の理由があってだな」(ポプラ社刊)
出演: 浅見れいな、芦名星、池田鉄洋、臼田あさ美、貫地谷しほり、小池栄子、酒井若菜、佐々木希、佐藤仁美、釈由美子、城田優、中村倫也、夏菜、菜々緒、渡部豪太 ほか(五十音順)
監督: 石井聡一、大内隆弘、片山雄一、川村泰祐、佐藤二朗、城田優、たかひろや、鶴岡慧子、マギー、村本大志、本橋圭太 (五十音順)
脚本: 新井友香、池田鉄洋、狗飼恭子、佐藤二朗、ジェーン・スー、たかひろや、樋口七海、ふじきみつ彦、マギー、松田沙也、渡部千穂 (五十音順)
音楽: アゲハスプリングス
主題歌:Charisma.com『アラサードリーミン』(ワーナーミュージック・ジャパン)
オープニングテーマ:土岐麻子『セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~』(rhythm zone)
制作協力:ホリプロ 製作:アスミック・エース
製作著作: 女性チャンネル♪LaLa TV
(C)女性チャンネル♪LaLa TV
番組ページ:http://www.lala.tv/watapro2/index.html

 

元記事を読む