1. トップ
  2. レシピ
  3. 食べ過ぎたら●●●●●で脂肪燃焼&腸内改善

食べ過ぎたら●●●●●で脂肪燃焼&腸内改善

  • 2015.8.22
  • 13011 views

夏バテ対策でついしっかり食事をとってしまって、気付いたら夏太りなんてことはありませんか? ためこんだ脂肪を撃退し、腸内をスッキリ、お肌までキレイにしてくれるヨーグルトは、夏太り対策の強い味方。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には便秘を改善するだけでなく悪玉菌の増加阻止する働きもあり、腸内をよりよい環境へと導いてくれます。朝だけでなく夜にもヨーグルトを食べて、夏太りを乗り越えましょう。

【体を温め、代謝UP!】大麦ヨーグルト はちみつジンジャーかけ

ゆで麦+ヨーグルトで忙しい朝もパパッと大麦がとれます。しょうがのはちみつ漬けは他にも使えるので、手が空いたときに作っておくと便利!

プレーンヨーグルト:150g

■材料■ カロリー190kcal

ゆで大麦:50g

しょうがのはちみつ漬け※:大さじ1

こしょう:適量

(1)しょうがの薄切り1:はちみつ2の割合で30分以上漬けます。一度作れば、冷蔵庫で2~3か月は保存できます。

作り方

(2)器にヨーグルトを盛り、ゆで大麦、しょうがのはちみつ漬けをのせ、好みでこしょうをふる。

【炭酸の力で満腹感UP!】クラッシュプルーン入りヨーグルトゼリー

ヨーグルトに含まれる乳酸菌と、プルーンの食物繊維で腸スッキリ! また、プルーンには皮膚と粘膜を健康に保つビタミンAをはじめ、コラーゲンの生成に不可欠なビタミンCも含まれていて、腸のスッキリ効果と美肌効果の両方を手にできます。

プレーンヨーグルト:150g

■材料(2人分)■ カロリー39kcal

プルーン(種抜き):4個

粉ゼラチン:5g

牛乳:100ml

砂糖:20g

レモン汁:小さじ2

(1)ボウルにヨーグルトを入れ、ヨーグルトをなめらかにしておく。プルーンは細かく刻む。粉ゼラチンは5倍の水でふやかしておく。

作り方

(2)鍋に牛乳と砂糖を入れ火にかけ、砂糖が溶けたらゼラチンを加え混ぜ、一度こしてからヨーグルトに加える。プルーン、レモン汁も加 えよく混ぜ合わせ、氷水にあてる。

(3)とろみがついてきたら器に流し、冷やし固める。

ヨーグルトはそのまま食べるだけでなく、アレンジレシピも豊富!

食事にヨーグルトをどんどん取り入れて、食べすぎを解消しましょう。

・乳酸菌で夏太り知らず!余分な脂肪を撃退するヨーグルト(http://fytte.jp/tips/tabeyase/1507/post_305.php)

【関連記事】

・腸内環境を整えヨーグルトで、健康的な美肌をつくる!(http://fytte.jp/tips/tabeyase/1502/post_220.php)

・乳酸菌の効果UP!塩ヨーグルトで脂肪排出3つのヒミツ(http://fytte.jp/tips/tabeyase/1302/post_35.php)

・美腸&おなかスッキリ!夜だけ水切りヨーグルトでやせる3ルール(http://fytte.jp/tips/nayami/1307/post_60.php)

・夏のかくれ貧血に! 鉄分豊富なあさり&レバーのレシピ(http://fytte.jp/tips/nayami/1508/post_333.php)

FYTTE編集部

元記事を読む