1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ほぼ日手帳×岡崎京子 - イラストが表紙になったウォレットサイズ週間手帳「WEEKS」発売

ほぼ日手帳×岡崎京子 - イラストが表紙になったウォレットサイズ週間手帳「WEEKS」発売

  • 2015.8.21
  • 1367 views

「ほぼ日手帳 2016」に、マンガ家・岡崎京子の絵をモチーフにした手帳が登場する。発売日は2015年9月1日(火)。

登場するのは、ウォレットサイズの週間手帳「WEEKS」モデル。デザインは、2015年はじめに開催された『岡崎京子展』を手がけたコズフィッシュの祖父江慎と鯉沼恵一が担当。
表紙は、岡崎京子の代表作『リバーズ・エッジ』の初版本のカバーに使われていた鉛筆画で、原画の汚れやノイズも積極的に活かしてある。

また、特典として、岡崎京子さんの物語集『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』からの一文が白で印刷されたクリアカバーと、『ヘルタースケルター』のイラストが入った特製の下敷きがついてくる。

【商品詳細】
ほぼ日手帳 2016」WEEKSモデル
「岡崎京子 リバーズ・エッジ」
価格:3,000円+税
(手帳本体+クリアカバー+下敷き)
発売日:2015年9月1日(火)発売
発売場所:「ほぼ日ストア」およびロフト、東急ハンズ、紀伊國屋書店、丸善、Amazon、楽天ブックスなど、ほぼ日手帳 WEEKS取り扱い書店

元記事を読む