1. トップ
  2. グルメ
  3. 140種以上の焼きたてパンが、並べるそばから売れてゆく人気店

140種以上の焼きたてパンが、並べるそばから売れてゆく人気店

  • 2015.8.21
  • 6043 views

仙台市若林区にある「ジャンヌダルク・フィスエペール」には、常時140種以上の焼きたてパンが並びます。父と息子、ふたりのパン職人が情熱を傾けて焼き上げるパンを目当てに、お店はいつも大にぎわいです。

パン職人の親子が情熱を傾けて腕を競う

仙台市の中心街から車で約10分ほど、若林区木ノ下にある陸奥国分寺のすぐ前に、グリーンの外観が目を引く「ジャンヌダルク・フィスエペール」が建っています。店内は、中央の大きなテーブルをはじめ、平日は140種類、土日になると160種類以上というたくさんのパンで埋めつくされます。

創業から24年になるこのお店では、江刺賢治さん、拓磨さん親子が腕を振るいます。店名は、賢治さんが子どもの頃に出会った「ジャンヌダルク」の表紙に描かれた美しい絵に魅せられたことから名付けたそうです。修業から戻った拓磨さんが一緒に店に立つようになってから、フランス語で父と息子を意味する「フィスエペール」が、店名に加えられました。

ランチに最適の食事パンやデニッシュ類も豊富

ハード系、菓子パンや総菜パン、デニッシュやベーグルと、多彩なパンはどれもおいしそう。客足の絶えない店内は終日大にぎわいで、次々に焼き上げられるパンが、並べるそばからどんどん売れていきます。

なかでも人気なのは、「厚切りベーコンのカプレーゼサンド」(360円)。小麦の香るもっちりした食感のカンパーニュに、フレッシュトマト、クリームチーズ、厚切りベーコンを組み合わせたサンドイッチは、手軽でおしゃれなランチに最適です。

噛みしめるほどに味の出る「グラノーラ」(280円)も人気上昇中。オーツ麦、ライ麦、亜麻の実、ゴマ、ヒマワリ種など食物繊維たっぷりの十穀を使った生地は素朴な味わいで、レーズンやクランベリーなどのドライフルーツが自然な甘みを添えています。また、食事系のパンだけでなく、甘いデニッシュ類も豊富です。

ほのかな小麦の甘さが魅力の極上ブレッド

もうひとつ、今、ぜひとも味わっておきたいのが「黎明」(350円)と名付けられた食パンです。北海道十勝産の小麦「はるよこい」を使い、「あこ天然酵母」でじっくり熟成させて焼き上げたパンは、雑味がなくてふんわりもちもち。ほのかな甘みのやさしい味わいは、そのまま食べてもトーストしても飽きることがありません。卵、牛乳、その他の油脂類を一切使っていないので、小麦そのものの味と香りが楽しめます。

定番からオリジナルまで、焼きたての多彩なパンが並ぶ、活気あふれるパン屋さんを訪ねてみませんか。

元記事を読む