1. トップ
  2. ファッション
  3. 【2022年1月号】七十七銀行 人気ファンドランキング トップ10

【2022年1月号】七十七銀行 人気ファンドランキング トップ10

  • 2022.1.26
  • 2081 views

2021年12月、七十七銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」の概況

七十七銀行の12月販売件数ランキング1位は、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」だった。同ファンドは、米国の成長株に投資するアクティブファンドで、12月末時点における組入上位銘柄は以下の通り。

1.マイクロソフト 8.0%

2.アルファベット 7.9%

3.アマゾン・ドット・コム 5.1%

4.メタ・プラットフォームズ 4.9%

5.VISA 4.8%

そして、騰落率は以下のように好調だ。

1カ月 3.4%

3カ月 14.5%

6カ月 16.0%

1年 42.4%

好調なパフォーマンスを背景に同ファンドには高水準の資金流入が続き、12月末時点における純資産残高は1兆7368億円となった。これは、国内公募の追加型株式投資信託(ETF除く)の中で最大である。2022年はFRB(米連邦公開市場委員会)による利上げ観測により、成長株(グロース株)は上値が重い展開になることが予想されるが、引き続き同ファンドへの資金流入が続くかどうかに注目している。

全体を見て:日経平均株価を対象にしたインデックスファンドが人気

2位と6位に、日経平均株価を対象にしたインデックスファンドがランクインしている。2位の「日経225ノーロードオープン」は、11月の首位から一つ順位を落としたものの、相変わらず人気が高い。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行うインデックスファンドで、12月末時点における騰落率は以下の通り。

1カ月 3.64%

3カ月 -2.22%

6カ月 0.35%

1年 5.35%

2021年の日経平均株価は約5%の上昇で、米国の株価指数が20%以上上昇したのに比べると上値が重かった。ただ、日経平均株価を対象にしたインデックスファンドは株価が急落する局面で買いが増える傾向にある。たとえば、日経平均株価が急落した2021年11月29日~12月3日週には同ファンドに約240億円の資金流入があった。これは、国内公募の追加型株式投信(ETF除く)の中で3番目の大きさである。2022年1月になっても、日経平均株価は上値の重い展開になっているが、株価が下落する局面では同ファンドに買いが入る可能性は高いだろう。

ここに注目:「GSグローバル環境リーダーズ年2回決算コース」が5位にランクイン

「GSグローバル環境リーダーズ年2回決算コース」が5位にランクインしている。同ファンドは、日本を含む世界の株式を主要投資対象とし、環境問題の解決に関連するテーマに沿うと考えられる企業の株式に投資するアクティブファンドである。2021年8月に設定された新規ファンドで、12月末時点における騰落率は以下の通り。

1カ月 0.19%

3カ月 4.69%

同ファンドは環境に配慮する企業ではなく、環境問題の解決に貢献するサービスや製品を提供する企業に投資する点がポイントだ。今後も、再生可能エネルギーやリサイクル、食料や水など環境に関連する企業の成長性は高いと考えられるので、同ファンドへの関心も高い。2022年1月以降も、七十七銀行のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

山下 耕太郎/金融ライター/証券外務員1種

一橋大学経済学部卒業後、証券会社でマーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。ツイッター@yanta2011

元記事で読む
の記事をもっとみる