1. トップ
  2. 甘くないフレンチトースト?「ハムとチーズの塩フレンチトースト」/おいしいがとまらない! 魅惑のレシピ

甘くないフレンチトースト?「ハムとチーズの塩フレンチトースト」/おいしいがとまらない! 魅惑のレシピ

  • 2022.1.25
  • 1147 views
この塩フレンチトーストの本名は「モンテ・クリスト・サンドイッチ」 (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA
この塩フレンチトーストの本名は「モンテ・クリスト・サンドイッチ」 (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA

みんなの大好きがひとつに! 「じゃがいもとベーコンのチーズたまご焼き」/おいしいがとまらない! 魅惑のレシピ

真夜中に見てはダメ!? 誘惑がとまらない危険なレシピ!

毎晩、真夜中の料理投稿がInstagramで大人気の著者・Tesshiさん。こってりボリューミーな料理の数々は、見る人を「何か食べないと、このままでは眠れなくなった!」「おなかすきすぎて、どうしよう」と食欲の渦に飲み込んでいます。

『主役は、ごちそうおにぎり』や『とびきりおいしい 家パスタ』でたくさんのおいしいレシピを公開しているTesshiさんが、家にある材料で簡単に作って家族に提供している魅惑の料理の数々を提案するのが『おいしいがとまらない! 魅惑のレシピ』です。

チーズたっぷり。半熟卵のとろ~り感。米&パン&じゃがいもなど炭水化物ってやっぱり美味しい…。美味しくて食べずにはいられないものばかりのレシピをご紹介します。

※本記事はTesshi(@tmytsm)著の書籍『おいしいがとまらない! 魅惑のレシピ』から一部抜粋・編集しました

甘くないフレンチトースト? ハムとチーズの塩フレンチトースト

この塩フレンチトーストの本名は「モンテ・クリスト・サンドイッチ」です。欧米ではここにメイプルシロップを、韓国ではいちごジャムを塗り、さらにパン粉をまぶして揚げるとか。世界は広いですね。このまま食べてももちろんおいしいです。

甘くないフレンチトースト? (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA
甘くないフレンチトースト? (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA

【材料(作りやすい分量)】

食パン(4枚切り)…1枚

ハム…1枚

スライスチーズ…2枚

卵液(混ぜ合わせる)

卵…1個

牛乳…100ml

塩こしょう…少々

オリーブ油…大さじ1/2

バター…大さじ1/2

(好みで)メイプルシロップ…好きなだけ

【作り方】

1 食パン、ハム、スライスチーズはそれぞれ4等分に切る。

2 パンは1切れずつ、切り込みを入れる(A・耳の部分はつながったまま)。

パンは1切れずつ、切り込みを入れる (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA
パンは1切れずつ、切り込みを入れる (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA

3 チーズでハムをはさみ、2のパンにはさむ(B)。

チーズでハムをはさみ、2のパンにはさむ (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA
チーズでハムをはさみ、2のパンにはさむ (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA

4 卵液に3を浸し、パンの切り込みを広げて卵液をスプーンでかけると(C)、中まで早くしみ込む。パンを返しながら卵液すべてをパンに吸わせる。

卵液に3を浸し、パンの切り込みを広げて卵液をスプーンでかけると、中まで早くしみ込む (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA
卵液に3を浸し、パンの切り込みを広げて卵液をスプーンでかけると、中まで早くしみ込む (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA

5 フライパンにオリーブ油を熱し、4を入れて焼く。焼き色がついたら返し、もう片面も焼き、バターを加えてからめる。好みでメイプルシロップをかける。

■甘い卵液に浸して、甘じょっぱい味に

チーズ入りフレンチトースト

チーズ入りフレンチトースト (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA
チーズ入りフレンチトースト (C)Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA

【材料(作りやすい分量)】

食パン(4枚切り)…1枚

スライスチーズ…2枚

卵液の材料(混ぜ合わせる)

卵…1個

牛乳…100ml

砂糖…大さじ1

(好みで)バニラオイル…少々

オリーブ油…大さじ1/2

バター…大さじ1/2

【作り方】

「ハムとチーズの塩フレンチトースト」と同様に、パンに切り込みを入れてチーズをはさみ、卵液に浸し、オリーブ油で両面をこんがりと焼く。仕上げにバターをからめる。

著=Tesshi(@tmytsm)、撮影=鈴木泰介、取材・文=春日井富喜/『おいしいがとまらない! 魅惑のレシピ』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる