1. トップ
  2. グルメ
  3. アフタヌーンティーの脂質が約半分に! 帝国ホテル 東京でギフトフリーなティータイムを。

アフタヌーンティーの脂質が約半分に! 帝国ホテル 東京でギフトフリーなティータイムを。

  • 2022.1.25
  • 606 views
アフタヌーンティー“Japanese Wellness(ジャパニーズウェルネス)”¥7,150(税込・サービス料別)
アフタヌーンティー“Japanese Wellness(ジャパニーズウェルネス)”¥7,150(税込・サービス料別)

「インペリアル ウェルネス スタイル」は、帝国ホテル 東京の6つのレストラン・バーラウンジにて、ウェルネスをテーマとしたメニューを提供する縦断企画だ。

本館1階のランデブーラウンジでは、コラーゲン入りのモクテル(ノンアルコールカクテル)2種を提案。本館中2階のオールドインペリアルバーでは、フルーツカクテルを月替わりで提供する。タワー館地下1階のラ ブラスリーでは、テリーヌ1カットに、1日に推奨される野菜の摂取目標値(厚生労働省策定「健康日本 21(栄養・食生活)」が推奨する摂取目標値)の約4分の1を詰め込んだ、色とりどりの野菜が映える「テリーヌ・トラディション~野菜~」
を用意した。

なかでも注目は、17階のインペリアルラウンジ アクアで提供する、和の食材に着目した、アフタヌーンティー「アフタヌーンティー“Japanese Wellness(ジャパニーズ ウェルネス)”」だ。

伝統的な3段式のティースタンドでの提供となり、上段には、日本人の主食である米に着目し、小麦を使わないグルテンフリーの和スイーツを取りそろえた。抹茶が香る米粉のシフォンケーキに豆乳クリーム、大納言小豆をはさんだもの、米粉とくず粉のシュー生地に、黒ごまと竹炭のクリーム・豆乳クリームを挟んだシュークリームなど、きちんと甘さを感じながらもギルティーフリーでいただけるものばかり。米粉の偉大さを存分に感じられるプレートとなっている。

中段には、約30種類の野菜とフルーツのエキスが入ったスープに、アマランサスやオゼイユなどの野菜の新芽をのせた「Beauty Salad(ビューティーサラダ)」やナッツのプラリネとやクリームチーズを挟んだモダンな「最中さんど」、植物由来のバターで作った「ヴィーガンスコーン」などを用意。

下段には個性的なセイボリーを並べた。豚の肩ロース肉に練りごまを入れた白みそソースを合わせた「ミニカツバーガー ごま味噌ソース」や「海老の胡麻豆腐 しんびき粉揚げ カツオとオマールのジュレ」などがラインナップ。

オリジナルドリンク含む20種類以上から、お替り自由で好きなだけいただけるドリンクにも「5つの恵みの健康茶」「抹茶入り玄米茶」など、ヘルシー志向なものも用意した。

華やかで、心も体も喜ぶアフタヌーンティーで、新春の優雅なひとときを過ごしたい。

アフタヌーンティー“Japanese Wellness(ジャパニーズウェルネス)”

提供期間/~1月31日(月)

提供時間/11:30~17:00LO

提供場所/インペリアルラウンジ アクア 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 東京本館 17F

予約・問い合わせ先:03-3539-8186(直通)

https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/imperial_aqua/plan/afternoon_tea.html

Text: Aya Hasegawa

元記事で読む
の記事をもっとみる