1. トップ
  2. 恋愛
  3. 30歳以上は覚えておくべき!「パートナー」と「彼氏」の決定的な違い

30歳以上は覚えておくべき!「パートナー」と「彼氏」の決定的な違い

  • 2015.8.20
  • 19413 views

Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。

彼氏とは単なる恋愛関係の間柄ですが、パートナーとはお互い信じあい尊敬している存在のこと。時間が経つにつれて彼氏からパートナーへと変わっていくこともありますが、そもそも両者の違いって?

20代の半ばから後半にかけて、私たちは今までより深い恋愛関係を求めていきます。自分のことを理解し始めているので、自分に合う人も見分けられるようになってくるのです。
ただ、20代半ばで付き合う人の誰もがソウルメイトになるというわけではありません。以前の恋人とやり直したり、一夜だけの関係を持ったり、軽い気持ちで浮気をしてしまうこともあります。

でも一般的には、20代半ばから後半にかけて付き合い方は変わってきます。
高校や大学の時とは違う真剣な関係。恋人の家族に会い、夕食をともにすることもあるでしょう。大人の関係に発展した時は、困惑し少し怖い気持ちになるかもしれません。
この困惑は「私たちは何?」というわけではなく「私たちを何と呼べばいいの?」ということ。彼氏、彼女という呼び名が古いものになって真剣な関係になります。それこそが、パートナー。

彼氏、彼女という言葉を悪くいうわけではありませんが、パートナーという言葉は自立を示しています。彼氏がパートナーになることについてどう思いますか?それとも、その言葉を使った時に相手がどれほど真剣に考えているか不安になりますか?

彼氏とパートナーで違う10のことをまとめました。

01. パートナーは 職場でも使える言葉

もし彼があなたをパートナーと呼び始めたら、それは関係を長く続けたいと思っている兆候。この言葉は、自立したカップルを意味するのです。
パートナーとは、人生のパートナーの略であることを忘れないでください。そして、特別な相手やソウルメイトと同義語。誰かの彼氏になることは簡単。小さい頃から彼氏や彼女を持つことはあったと思います。

こんなケースを考えてみてください。彼女を空港に迎えにいくために、上司に仕事を休むことを頼む男性と、パートナーを空港に迎えにいくために上司に仕事を休むことを頼む男性。
後者の方が、より真剣に聞こえませんか?前者より、後者の方が職場でも使いやすく、ずっと真剣な響きがするでしょう?
会社のパーティーの招待状でも、多くの場合「配偶者や彼氏・彼女歓迎」ではなく「配偶者やパートナー歓迎」と書いているはず。

02. パートナーは 空港に迎えに来てくれる

テレビ番組や映画のシーンを考えてみてください。男性は、彼女を見送る時や迎えにいく時、空港へ急ぐでしょう。ファンタジーの世界に住んでいるわけではないですが、空港がロマンチックな場所であることは認めざるを得ないはず。つまり、空港は私たちが愛する人から離れる場所なのです。だから、空港に迎えに来てくれる男性はあなたのことを大切にしている証拠。

また、髪をとかしていなくても、口紅を塗っていなくても、飛行機を降りて最初に会いたい人は彼ですか?誰かを空港に迎えにいくということは、その人を愛しているということ。

もし彼が、あなたを空港に迎えにいこうかと申し出た場合、以下の2つのことを示唆しています。
あなたのことを気にかけているため、会いたくてたまらず朝早く起きて迎えにいくのもいとわない。または、あなたの安全を気にしており、空港から家に帰るまで一緒にいて王女様のように扱いたいと思っているのかも。

03. パートナーにとって 物理的距離は関係ない

愛する人と離れなければいけない時もあります。例えば、女子会の時や両親を訪ねるための長期旅行。さらには1年間の転勤など。セックスもできず、夜の生活はいい状況とは言えません。
彼氏は距離のためにあなたを諦めるかもしれません。ですが、パートナーは解決する努力をします。
彼が文学的だった場合、詩を引用したテキストメッセージを送ってくるかもしれません。ユーモラスなタイプなら、人から聞いた面白い話を送ってくることも。

パートナーは、どんなに距離が離れていてもそれを感じないようにしてくれます。それでも物理的な距離は埋められないので、電話でのセックスや、テキストでのセックス、スカイプセックスなども効果的。当たり前ですが、言葉は力を持っています。夜遅くにお互いの話をすることで心の距離は縮まります。
そして結局のところ、会えない時間が二人を成長させてくれるのです。

04. パートナーは どんな時でも 居心地のいい存在

彼の両親に会ったことはありますか?あなたの彼はメイクしていなくても、部屋が汚くても受け止めてくれますか?

もし彼があなたのパートナーであれば、どんな状況でもうろたえないはず。お互い心地のよい存在です。彼とあなたとはすでに一心同体。これは、彼の前でスウェットを着ろと言っているわけではありません。新しい下着を着用して彼を驚かせることも忘れてはいけません。
大事なことは、彼の家族や友だちに会う時に緊張しないということ。彼はすでにたくさん話しているので、あなたのことを知っているはず。

05. パートナーは、 相手の問題を解決してくれる

ラブラブな時期を過ぎて、毎日しゃべる必要がなくなってもあなたはつねにパートナーを信頼しています。
彼氏だったら話す気分じゃないという理由でメッセージを返信しなかったり、電話しないこともあるでしょう。でも、パートナーはあなたを優先してくれます。だから返信も早いのです。電話で話すだけで物足りなければ、直接会いにきてくれます。家族や友だちと一緒に出かけていた場合、彼は先にそれを知らせます。
彼らは緊急時こそ、すぐに駆けつけてくれるでしょう。あなたが動揺していても、問題を解決をするよう応援してくれ、一緒に危機を乗り越えてくれるはず。

06. パートナーは 嫉妬しない

彼氏はささいなことで嫉妬します。パートナーは、あなたの成功を全力で応援します。
一家の稼ぎ手は男性だという考えは、もはや失われています。パートナーはそんな伝統的な役割にとらわれません。お互いの成功を願い、どちらが先に成功するか関係ないのです。成長しあい、2人で成功します。

彼は、つねにあなたの頑張りを信頼しています。相手の成功を妬むようであれば一緒にいるべきではありません。もし彼が、あなたではなく自分自身にイライラしているようであれば、話をして解決すべき。ただこの話し合いがあまりにも多すぎる場合は要注意。また、あなたがいつも彼を応援している場合、彼もあなたのために同じことを行う必要があると伝えましょう。

07. パートナーは “おはよう”と“おやすみ”に そっとキスする

パートナーは夜中にもキスをするでしょう。ベッドの中でどこにいる?と囁き、あなたを自分の方へと近づけようとするはずです。
愛情表現には様々なレベルがあります。寝ている間手を繋いでいることも、お互い寄り添って眠ることも、裸で抱き合って眠ることも。さらに夜中に背中をなでながら愛していると言うことさえ。
彼はあなたの髪をなで、顔から髪をどけてあなたをじっと見つめるはずです。恥ずかしがらずに受け入れましょう。かわいらしいでしょ。

08. パートナーの関係では どちらともなく愛してると言う

彼氏は、恋愛をゲームのように考えます。対してパートナーは、長い関係を築くことを大事にします。愛していると言い合って幸せを感じ、あなたの口から同じ言葉を聞いてさらに幸せになるのです。すでに分かっていることかもしれませんが、その一言だけですべてが変わります。定期的に愛情を表現し合いましょう。特別な瞬間が、さらに素晴らしいものになるはず。

09. パートナーは 喧嘩ではなく議論する

彼氏と彼女の争いは、別れに繋がります。パートナーは関係を改善させるために争います。
解決策のないまま絶え間なく争うのは喧嘩ですが、議論することはお互いを思いやっている証拠なのです。
でも、争いがあまりに多い場合は注意してください。争いが悪意や人生哲学の違いからではなく、考えの違いから生まれていることを確認してください。
相手が戻ってきた時は、親密な愛情表現に頼るのではなく何が間違ってたのか話し合うように。パートナー同士、お互いに耳を傾け時に妥協して関係を向上させましょう。

10. パートナーの将来の計画には 必ずお互いの存在がある

パートナーと、つねに将来のことについて話し合う必要はありませんが、学校、仕事、家族に関する重要な情報はしっかり伝えあいます。また、引越しする可能性がある場合も先に話し合いましょう。関係に距離を置くことでも、オープンな関係を持つことでも、辛い気持ちを伝えることでも構いません。お互い同じくらい愛しているなら、何でも乗り越えられるはず。彼氏は諦めてもパートナーは困難にも挑戦していきます。将来について重要な話をして、必要ならば妥協します。

様々なアイデアを試したり、2人にとって最善なアドバイスを求めてくるのです。パートナーが将来を考えた時、あなたはそこにいます。

いかがでしたか?呼び名がすべてではありませんが、そこには意味があるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

オリジナルサイトで読む