1. トップ
  2. 恋愛
  3. なるほど!男性がプロポーズした理由ランキング、1位は「●●だったから」

なるほど!男性がプロポーズした理由ランキング、1位は「●●だったから」

  • 2015.8.19
  • 2331 views

「結婚したいと思っている彼からなかなかプロポーズしてもらえない」……そんな悩みを抱えている女性って意外と多いもの。「つきあいが長いのに進展がない」「焦ってるって思わせたくない」「結婚したいオーラを出しすぎると破局しそう」など、結婚に関する悩みは尽きません! そんなときは、こんなデータが参考になるかも!

株式会社ジェーシービーがプロポーズをした男性406名に行った「パートナーにプロポーズしようと決心した理由」に関するアンケート。

男性はどんなときにプロポーズしようと思うのでしょうか?

◆プロポーズしようと決心した理由ランキング◆

1位 「かけがえのない存在」と実感したから43.6%

2位 一緒にいる日常が「かけがえのない毎日」だと気付いたから 23.9%

3位 相手が結婚してほしい雰囲気だったから9.1%

4位 周囲から勧められたから4.9%

5位 仕事に自信が持てるようになったから3.7%

この調査の結果、最も多かった理由は、「“かけがえのない存在”だと実感したから」でした。4割以上の人が、「この人しかない!」という想いを実感したときに「プロポーズ」へと踏み切るようです。一方で「相手が結婚してほしい雰囲気だったから」(9.1%)や「周囲から勧められたから」(4.9%)という受動的な理由をあげる人も約1割。逆効果と思われがちな「結婚したいアピール」も、やりすぎなければ多少は効果があるのかもしれませんね。

人生をかけた一大イベントであるプロポーズですが、実は意外と失敗をしたという人が多いことも判明。プロポーズ経験ありの男性406名に尋ねたところ、プロポーズの成功率は62.1%でした。これって予想より低いのでは!? 4割近い男性が失敗経験があるんですね。中には、「同じ人に何度もプロポーズしてようやくOKをもらったから失敗歴3回!」という男性も。また「この人こそ運命の人!と思って、つきあう前にプロポーズ。そして見事に玉砕……」というツワモノもいました。

 

では女性はどんなプロポーズをしてほしいと思っているのでしょう。今度は女性500名に対して行ったプロポーズに関するアンケートをチェック!

◆憧れるプロポーズランキング◆

1位 シンプルに気持ちを伝えるハッキリしたプロポーズ 51.8%

2位 心がほっこりする癒し系のプロポーズ28.4%

3位 ドラマチックで刺激的なプロポーズ16.0%

4位 「世界にひとつ」しかない、オリジナルな彼らしいプロポーズ 11.6%

5位 女性(自分)から伝える逆プロポーズ0.8%

◆できれば避けたいプロポーズランキング◆

1位 遠回しハッキリわからない微妙なプロポーズ 45.0%

2位 女性(自分)から伝える逆プロポーズ29.0%

3位 ドラマチックで刺激的なプロポーズ12.2%

4位 「世界にひとつ」しかない、オリジナルな彼らしいプロポーズ 9.4%

5位 シンプルに気持ちを伝えるハッキリしたプロポーズ 1.2%

「憧れるプロポーズ」は、ふたりにひとりが「シンプルに気持ちを伝えるハッキリしたプロポーズ」と回答。次いで約3割が「心がほっこりする癒し系のプロポーズ」でした。意外にもドラマチックなプロポーズや、彼らしいオリジナルなプロポーズを望む人は少なく、あわせても4人に1人程度。むしろ「できれば避けて欲しい」という人が2割以上いました。

そして、「避けて欲しいプロポーズ」の1位は「遠回しハッキリわからない微妙なプロポーズ」、次いで「女性から伝える逆プロポーズ」と続きました。

 

最近は同棲から何となく結婚という雰囲気になったり、結婚式イベントに参加してその流れで……なんてことも多く、はっきり「プロポーズ」されなかった結婚も多いようです。でも女性としてはそれはちょっと寂しいもの。結婚が決まった後でもいいので、やはり気持ちはきちんと伝えて欲しいですね。

先日、サッカー選手の澤穂希さんが結婚を発表しましたが、そのお相手の元Jリーガー辻上裕章さんは、記者会見でプロポーズの言葉を「ふたりだけで共有したいものなので」と秘密を貫きました。「プロポーズの言葉をココで言ったら2回プロポーズをすることになるし、1回目よりうまく言えちゃうのもイヤだから……」とも言っていました。その姿を見てやっぱり「プロポーズ」はふたりにとって特別なモノ。こういうふたりだけの秘密を大切にしてくれる人って素敵だな♪ と思ってしまいました。

「プロポーズの言葉はふたりだけの秘密☆」ってロマンチックで憧れる~!!(いしかわちえ)

情報提供元:JCB

 

オリジナルサイトで読む