1. トップ
  2. レシピ
  3. オイル不要!流行りの「ドライドレッシング」をマスターしよう

オイル不要!流行りの「ドライドレッシング」をマスターしよう

  • 2015.8.19
  • 346 views

今流行りのドライドレッシングって知っていますか? 名前の通りお酢やオイルなどの液状のものを入れないドレッシングですが、味が濃くて美味しいと今注目を集めています。特別な食材は必要なく、コンビニなどで売られている身近な食材でOK! 作り方のポイントと美容効果がUPするドライドレッシングの作り方をご紹介します。

■ドライドレッシングって何?

名前の通り、ビネガーやオイルなど液状のものをいれない乾いた食材のみでつくるドレッシングのことをいいます。液状のものを入れないので食材のカリカリとした食感が楽しめ味もぼやける心配がないことから最近注目が集まっています。カロリーがあるオイルが入らないのでダイエット効果も狙えますね。

■どんな食材を使用するの?

美容効果の高いアーモンド・くるみなどのナッツ類の他、粉チーズ・海苔・しらす・ベーコン・鰹節・こぶ茶・ゴマ……などの食材を使用することが多いようです。海苔や鰹節、こぶ茶など、旨味成分があるものを必ず1種類は入れるようにすると美味しいドライドレッシングに仕上がります。目的によってご自身でアレンジできるのも魅力の1つです。

■美容効果UPも狙える!くるみを使ったドライドレッシング

<材料>つくりやすい分量

・海苔 1~2枚

・くるみ 大さじ2(砕いておく)

・白ゴマ 大さじ4

・かつお節 4g(市販のもの約1袋)

・粉チーズ 大さじ4

・塩 小さじ2分の1~1弱(味をみながら調整)

・コショウ 少々

※お好みで 5mm幅にカットし焼いたベーコンや水分を飛ばしたしらすを入れてもOK!

<作り方>

1.海苔は食べやすい大きさにカットしておく。くるみは荒く砕いておく。

2.ボウルに1と他の材料を入れまんべんなく混ぜ合わせたら完成。

クルミには代謝のビタミンと呼ばれるビタミンB群(B1・B2・B6)の他、若返りのビタミンとの別名をもつビタミンEや、βーカロテン、妊娠初期に必要不可欠な栄養素でもある葉酸が多く含まれており、女性のインナービューティーを叶えてくれるスーパーフード的食材の1つ。悪玉コレステロールを減らす働きのある必須脂肪酸であるオメガ3や、高い抗酸化力もあるそうなので、美味しく食べながら美容効果も期待できます。

みなさんもぜひ試してみてくださいね!

(生井理恵)

元記事を読む