1. トップ
  2. グルメ
  3. 小説『檸檬』で知られる「丸善 京都本店」が復活 - カフェ併設の大型書店として京都 BALにオープン

小説『檸檬』で知られる「丸善 京都本店」が復活 - カフェ併設の大型書店として京都 BALにオープン

  • 2015.8.19
  • 1918 views

2015年8月21日(金)、小説『檸檬』の舞台として知られる「丸善 京都本店」が、カフェ併設の大型書店として新商業施設「京都BAL」地下に再オープンする。

京都における丸善は、1872年に「京都支店(丸屋善吉店)」として開設され、その後一度閉店した後、1907年に三条通麩屋町に再オープン。梶井基次郎の小説『檸檬』の舞台となったのは、この麩屋町の丸善だ。その後、1940年に河原町通蛸薬師へ移転したが、2005年に閉店。当時、閉店を惜しむ来店客が本の上にレモンを置く様子が話題となった。

今回、およそ10年ぶりに復活する「丸善 京都本店」では、豊富な和書の品揃えはもちろん、洋書、文具なども幅広く展開。地下1階にはカフェも併設し、幅広い顧客層が利用出来る充実した書店を目指す。

ハイブリッド書店サービス「honto」の提携店舗でもあり、ポイントを貯めて購入時に使える「hontoポイントサービス」や検索した本の店舗在庫の状況や書棚の位置などがスマートフォンで確認できるアプリ「honto with」に対応する。

オープンを記念して、税込1,000円以上の購入者先着1,500名に「丸善 京都本店」オリジナル文具いずれか1点が、税込2,000円以上の購入者先着10,000名に「丸善 京都本店」オリジナル「檸檬ノヲト」がプレゼントされる。

また、小説『檸檬』にちなんだ黄色い文具セットをはじめとする限定商品も販売される予定だ。

【店舗情報】
「丸善 京都本店」
オープン日:2015年8月21日(金)
住所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251  京都BAL 地下1階・2階  
営業時間:11:00〜21:00   
売り場面積:約1,000坪 
蔵書数:約100万冊 
フロア構成:
<B1F>文芸・実用・文庫・新書・コミック・学習参考書・ 児童書・雑誌・文具 
<B2F>理工・医学・人文・芸術・社会・PC・語学・洋書・カフェ

元記事を読む