1. トップ
  2. おでかけ
  3. オードリー・ヘプバーンの長編ドキュメンタリー5月公開 ピーター・ボグダノヴィッチも登場

オードリー・ヘプバーンの長編ドキュメンタリー5月公開 ピーター・ボグダノヴィッチも登場

  • 2022.1.20
  • 1582 views
『オードリー ・ヘプバーン』(c)PictureLux / The Hollywood Archive / Alamy Stock Photo

ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』が5月6日より劇場公開されることが決定した。

『ローマの休日』に主演女優として抜擢され、初の主演作にして24歳でアカデミー賞主演女優賞を受賞、ハリウッド黄金期の伝説的スターと称されたオードリー ・ヘプバーン。幼少期に経験した父親による裏切り、そしてナチス占領下のオランダという過酷な環境で育った彼女は、過去のトラウマと一生涯向き合わねばならなかった。この経験は彼女のバレエダンサーになるという夢を奪い、私生活にも影を落とすことに。『ローマの休日』から、彼女は輝かしい映画女優として活躍する一方、幾度の離婚を繰り返して愛に破れていくが、育児のために女優業を休業するなど、子供たちへの深い愛情を注いでいく。そして後年、ユニセフ国際親善大使として自身の名声を善のために尽くすことで、ようやく心穏やかに過ごす方法を見出したのだった。

本作では、貴重なアーカイブ映像、リチャード・ドレイファスやピーター・ボクダノヴィッチ監督ら俳優時代の仲間、そして息子や孫、家族ぐるみの友人など、プライベートに迫るインタビュー映像をふんだんに盛り込み、オードリー ・ヘプバーンをスクリーンによみがえらせる。

監督を務めたヘレナ・コーンからはコメントも寄せられている。

■ヘレナ・コーン監督 コメント

私がこの映画を作りたかったのは、オードリーは英雄だと思ったからです。当然のことですが、彼女はその美しさやファッションによって記憶されています。しかしまだ深く堀り下げられていないオードリーの別の一面があります。彼女は人生における大きな悲劇やトラウマを抱えていましたが、常にそれをより良いものへ、そしてより美しいものへと変えることができました。彼女は恐怖や憎しみに溢れる世界で愛の重要性のために立ち上がり、今でも何らかの形で戦い続けています。そして自分に何があっても愛することを止めず、寛容な心を持つことができたのです。私にとってそれは、一人の人間が成し得る中で最も英雄的なことなのです。私たちは人生で経験する喪失感や痛みによって作られるのではなく、私たちがそれを許した時、それらによって成長し、活躍することができるのだという生きた証こそがオードリーなのです。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる