1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 秋ぐすみは今から回避!夏のお疲れ肌を解消するスキンケアポイント3つ

秋ぐすみは今から回避!夏のお疲れ肌を解消するスキンケアポイント3つ

  • 2015.8.18
  • 442 views

だんだんと夏の暑さもやわらぎ、少しずつ秋の気配を感じ始める今日この頃。夏を過ごしたお肌はさまざまなダメージを抱えています。放っておくとくすみやたるみの原因に。そこで、今のうちにケアをして「秋美肌」を迎えるためのスキンケアポイントを紹介します。大切なのは、「フェイスマスクでくすみの緩和」と「肌のための入浴」、「ターンオーバーの調整」のようですよ。

■今から夏の肌疲れ対策を

楽しい夏もそろそろ終盤。紫外線をたっぷり浴びた肌は、酸化によるくすみやたるみ、ターンオーバーの乱れなどトラブルがたくさん潜んでいます。美しい肌で秋を迎えるためには、夏に溜めた肌ダメージは、今からケアすることが大切。

■夏のうちにしておきたいスキンケアポイント3つ

(1)フェイスマスクでくすみを緩和

夏の紫外線によるダメージと、秋口に向けての気温差による乾燥で、これからの季節は肌がくすみやすくなります。肌ぐすみを改善し、夏の肌疲れを癒すためにも、この季節こそフェイスマスクを使った集中ケアがおすすめです。マスクで集中的に肌にうるおいを届けることで、角質の水分量や水分保持力をアップさせ、くすみ肌を解消しましょう。

(2)肌に良い入浴を心がける

冷房による乾燥や、紫外線を避けるための日焼け止めの重ね塗りなど、さまざまな肌へのダメージが積み重なっている夏の終わり。夏のダメージを受けたお肌には、38度前後のぬるめの湯温での入浴で肌をいたわるのがベスト。スキンケア効果のある入浴剤をプラスすれば、ボディクリームを塗らずとも、全身のライトスキンケアができますよ。

(3)秋に向けてターンオーバーを整えておく

「肌がごわついている」「肌がくすんでいる」と感じたら、それはターンオーバーが乱れて、角層が厚くなってしまっている可能性があります。夏の紫外線ダメージはターンオーバーを乱してしまう大きな要素ですので、ふき取り化粧水やピーリングなどで角質をきちんとケアして秋に向けてターンオーバを整える準備をしましょう。

秋になってから肌の不調に悩まされないためにも、今から肌のコンディションを整えておきたいものですね。

(前田紀至子)

元記事を読む