1. トップ
  2. Hey! Say! JUMP山田涼介&眞島秀和が真剣な眼差しで向き合う…映画「大怪獣のあとしまつ」の新場面写真が解禁!

Hey! Say! JUMP山田涼介&眞島秀和が真剣な眼差しで向き合う…映画「大怪獣のあとしまつ」の新場面写真が解禁!

  • 2022.1.19
  • 83 views
映画「大怪獣のあとしまつ」の新場面写真が解禁! (C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会
映画「大怪獣のあとしまつ」の新場面写真が解禁! (C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

【写真を見る】元特務隊・隊員で爆破のエキスパートである青島涼(オダギリジョー)

2月4日(金)に公開する、Hey! Say! JUMP・山田涼介主演、土屋太鳳共演の映画「大怪獣のあとしまつ」の新場面写真が公開された。

同作は、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、“死んだ後”の世界を描く。ドラマ「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡が監督・脚本を務め、松竹と東映が史上初のタッグを組んで製作する空想特撮エンターテイメント。

この度解禁された場面写真は、特務隊・一等特尉の帯刀アラタ(山田)と特務隊・隊長の敷島征一郎(眞島秀和)の上官×部下コンビが、互いに真剣な眼差しで向き合っているカット。2人がいるのは巨大なテント内に大型スクリーンや観測機器などあらゆる装備を備え、怪獣の死体近くに設営された特務隊の拠点“Zビレッジ”。敷島隊長など中枢メンバーが常駐している。

怪獣の死体処理という前代未聞の難題の責任者に任命されたアラタは特務隊の頼れるリーダー敷島とともに協力して危険と隣り合わせの現場でミッションに挑む。特務隊として国家の運命を背負い、難題に挑む2人の決意が伝わるカットとなっている。

【写真を見る】元特務隊・隊員で爆破のエキスパートである青島涼(オダギリジョー) (C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会
【写真を見る】元特務隊・隊員で爆破のエキスパートである青島涼(オダギリジョー) (C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

オダギリジョー演じる“ブルース”の新場面写真も解禁!

また、元特務隊・隊員で爆破のエキスパートであるブルースこと青島涼(オダギリジョー)の新場面写真も解禁された。ブルースは怪獣処理の方法のひとつとして、ダムの水圧を利用して怪獣の死体を動かす作戦遂行のため、この作戦の肝となる爆破技術の適任者としてアラタから要請を受ける。かつて特務隊・第一特攻隊で活躍しており、隊からの信頼も厚い人物だ。

特務隊の衣装が青一色の中、ブルースは対照的な衣装が特徴。それについて三木監督は「特務隊の世界観はブルー。警察と軍隊の中間に見えるようにイメージしました。映画『スターシップ・トゥルーパーズ』のような現代的な装備に近いイメージにして、濃いめのブルーを部隊色として設定しましたが、特務隊時代に組織のはみ出し者だったオダギリくん演じるブルースのみ、色合いを少し変えています。規律には従わないけど腕はすごいタイプにしたかったので、少し浅めの色にしました。“青ヘル”として隊の中で有名な男だったという設定です」と細かな構想を明かしている。

「大怪獣のあとしまつ」ストーリー

人類を未曽有の恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、死んだ。国民が歓喜に沸き、安堵に浸る一方で、残された巨大な死体は徐々に腐敗・膨張を進めていた。爆発すれば国家崩壊。終焉へのカウントダウンは始まった。

絶望的な時間との闘いの中、国民の運命を懸けて死体処理を任されたのは、警察でも軍でもなく、3年前に突然姿を消した過去をもつ1人の男だった。

元記事で読む
の記事をもっとみる