1. トップ
  2. 年子にベビーカーは必要なの?おすすめなベビーカーの種類をご紹介

年子にベビーカーは必要なの?おすすめなベビーカーの種類をご紹介

  • 2022.1.18
  • 2105 views

年子の子どもがいると移動するときが大変なので、ベビーカーを購入するべきか迷う方もいるでしょう。そこで今回は、年子の子どもに2人乗りのベビーカーが必要かどうかについてご紹介します。

おすすめなベビーカーの種類もご紹介するので参考にしてくださいね。

年子にベビーカーは必要なの?

ママがひとりで外出するとき子供ふたりを連れて移動しなければいけないので、ベビーカーを購入するべきか悩む方も少なくありません。ただ、「2人乗りのベビーカーがなくても問題なく過ごせる」といった感想を持つママは多くいます。

例えば、上の子を1人乗りのベビーカーに乗せて、下の子を抱っこ紐にするといったケースもあるようですね。

年子でベビーカーが必要な場合

年子の子供がいる場合、2人乗りのベビーカーはマストで必要なわけではありませんが、「買って良かった!」と感じることもあるようです。そこで、年子でベビーカーが必要なケースをご紹介します。

1.ワンオペ育児で出かけるとき

夫と買い物をすれば協力しながら子供の面倒を見られますが、日中で夫が不在のときに買い物に行きたいと思うこともあるはずです。このような場合は、やはり2人乗りのベビーカーを買って良かったと感じるママが多いようですね。

ワンオペ育児になる機会が多いなら、2人乗りのベビーカーの購入を検討するのが良いかもしれません。

2.車がない状態で移動するとき

車がない状況なら、2人乗りのベビーカーが活躍してくれるかもしれません。上の子をベビーカーに乗せて下の子を抱っこ紐で移動することも可能ですが、子どもが大きくなると抱っこ紐がつらく感じるママも多いようです。

車がない状態で移動する機会が多いなら、2人乗りのベビーカーを検討してみるのがいいでしょう。

年子に適したベビーカーは2タイプ

年子の子どもに適したベビーカーには、どのような種類があるのか気になる方も多いでしょう。ここからは、2人乗りのベビーカーの種類をご紹介します。

1.横型タイプ

横型タイプは、子どもを横並びにのせるベビーカーのことです。子どもが横に並ぶので視界が広く、世話をしやすいメリットがあります。また、前方に長さがないので、角で曲がりやすく操作性が高いことも横型タイプの魅力です。

ただし、横幅があるのでエレベーターや駅の改札などでは通れない場所もあります。また人が多い場所では、横型タイプのベビーカーが邪魔になることもあるかもしれません。

2.縦型タイプ

縦型タイプは、子どもが前後に並んで座るベビーカーのことです。前方からベビーカーを見ると一般的なベビーカーと同じ幅なので、狭い場所でも問題なく通れるメリットがあります。

また、座席を外したり向きを変えたりすることもできるので、その日の子どもの状況に応じて変形できるところも魅力です。ただ、後部座席が見えづらくなるので、子どもの世話をしにくいと感じることがあるかもしれません。

状況に応じてベビーカーを購入するか決めよう!

年子の子どもがいる場合、2人乗りのベビーカーがマストで必要なわけではありません。ただ、ワンオペ育児や徒歩での移動が多いときは2人乗りのベビーカーがあると便利に感じることもあります。

状況に応じて2人乗りのベビーカーを購入するか検討しましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる