1. トップ
  2. レシピ
  3. ダイエット中もOK!食物繊維豊富な寒天低カロリースイーツ

ダイエット中もOK!食物繊維豊富な寒天低カロリースイーツ

  • 2015.8.18
  • 3442 views

残暑が続きまだまだ暑いなか、ぴったりなのは、冷たくて甘く、そのうえ低カロリーな寒天を使ったスイーツです。和風アレンジだけでなく、チーズケーキとしても食べられる寒天スイーツを紹介します。

【むくみ解消にも役立つ!】豆乳あずききなこ寒天

豆乳、ゆで小豆、きなこなどの豆製品は、たんぱく質、ミネラル、ビタミンが豊富。食物繊維もたっぷりなので、寒天と組み合わせることで“おなかすっきり”を強力にサポートしてくれます。
■材料(流し缶1個分)■ カロリー117kcal(1人分、2切れ=1/6量)
砂糖:20g
きなこ:20g
寒天パウダー:4g
豆乳:2カップ
ゆであずき(缶詰):150g
作り方
(1)砂糖ときなこをよく混ぜ合わせておく。
(2)鍋に水100ml、寒天パウダー、(1)を入れて弱火にかけ、沸騰したら1~2分混ぜながら加熱する。
(3)豆乳も加え、混ぜたら火からおろし、ざるでこす。
(4)粗熱がとれたらゆであずきを加えて混ぜ、少しトロミがついたら流し缶に流し入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。
(5)固まったら12等分に切って器に盛りつけ、きなこ(分量外)をふる。

【“プラス寒天”で食べごたえ十分】チーズケーキ寒天

クリームチーズの量を減らしてヨーグルトベースに。さらにゼラチンの代わりに寒天を使うことで、大幅なカロリーカットに。ダイエットでは不足しがちなたんぱく質も補えます。
■材料(16cmのタルト型)■ カロリー196kcal(1/6切れ)
クラッカー:60g
バター:20g
寒天パウダー:4g
クリームチーズ:100g
レモン汁:大さじ1
ヨーグルト:300g
はちみつ:大さじ3
レモンの皮:1個分
チャービル(あれば):適量
作り方
(1)細かく刻んだクラッカーと室温に戻して溶かしたバターを混ぜ、型に薄く敷き詰めたら、冷蔵庫で冷やす。
(2)鍋に水100mlと寒天パウダーを入れて弱火にかけ、沸騰したら1~2分混ぜながら煮て火を止める。
(3)ボウルにクリームチーズを入れてよく練り、やわらかくなったら、ヨーグルトとはちみつ、おろしたレモンの皮を加えて混ぜる。
(4)粗熱のとれた(2)を、(3)に少しずつ加えて混ぜる。(1)の型に流し入れ、冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。
(5)固まったら型から出し、おろしたレモンの皮をふりかけ、あればチャービルを添える。
低カロ食材を取り入れて、さっぱりスイーツを楽しみましょう!

文/鈴木さやか

元記事を読む