1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「素直になる」ための21の方法。自分を甘やかすことも大事

「素直になる」ための21の方法。自分を甘やかすことも大事

  • 2015.8.18
  • 6554 views

セルフ・ネグレクトという言葉を聞いたことがありますか?これは自己の願望を無視することを意味し、心身の健康な状態を妨げるものとされています。
そんなセルフ・ネグレクトの悩みから解放される方法が「Power of Positivity」のこの記事にまとめられているのでご紹介します。確かに、社会では自分の欲求を抑えるのも重要なこと。でも、そればかりでは身体がもちませんよね。

社会に適応するためには、それなりのプレッシャーと向き合わなければいけません。そして、そのことは自分自身の願望を無視することにつながります。
そのようなセルフ・ネグレクトから解放され、自信を取り戻すための21の方法を今から紹介します。

01. 自分の幸せに責任を持つ!

自分の幸せを他人任せにすると、自身の内なる幸せを感じる能力を下げることになります。満足感を外部から得ようと期待するのは、自分の中にある幸せを創造する才能をないがしろにしているようなもの。
もし、自分が周りに幸せを探してしまったときは、一歩下がり、「自分には幸せになるために必要なものが全て揃っている」のだと気づいてください。

02. 健康的な食事を摂る

セルフ・ネグレクトのもっとも顕著な例は、食べ物の選び方にあります。もし、加工度が高く栄養の低い食事を摂っているなら、味覚は満たされますが、心と身体、魂は犠牲になるでしょう。自分のことを気にかけるということは、細胞が正しく機能するような栄養を与えることなのです。
つまり、脂肪の多い食事やスナック菓子を、フルーツや野菜のような新鮮な食材に置き換えましょう。細胞にきっと感謝されることでしょう。

03. ポジティブシンキングを 意識付ける

日々ポジティブな考え方をすることも意識したいポイントです。起きた瞬間に、自分を鼓舞して活気づけるようなことを話しかけるのです。例えば、「今日はこんなことをしよう!」といったように。これは一日の始まりを素晴らしいものにし、セルフ・ネグレクトにつながるネガティブ思考を遠ざけます。

04. 家の中に落ち着ける 場所を作る

誰でも、平和で静かな場所を必要としています。そんなスペースは家の中にも作れるのです。多くの人はアルター(祭壇や祈りの場)と呼びますが、穏やかにリラックスできる場所であればなんと呼んでもかまいません。
その場所をお気に入りの絵画やクリスタル、資格証、キャンドルなどで埋めてもいいですし、ブッダのような悟りを開いた人物の像を置いてもいいでしょう。

05. 定期的に “楽しみながら”運動する

エクササイズは心と身体、魂に好影響があると証明されています。血の巡りが良くなり、エンドルフィンを分泌し、体重の減少も促進します。
自分のことを無視していると感じるなら、ソファから起き上がりエクササイズをしましょう!
フィットネスクラブで授業を受講したり、家の近くの散歩道を歩くことから始めましょう。楽しみながらできる運動は、自己愛と自己管理の練習になるはずです。

06. 自然によるセラピーを受ける

陽の光は心身が正常に働くために欠かせない栄養、ビタミンDをつくります。しかも、外に行けば自然と自分とのつながりに気づくこともできます。なぜなら、そこには地球のエネルギーを閉じ込めてしまう壁もなければドアやテクノロジーもないからです。風を髪に感じ、太陽を顔に感じ、緑を足で感じることができるのは、お手軽なセラピーのようなもの。

07. 情熱を取り戻す!

「夢を追いかけている」と言える人はそう多くないでしょう。もし、情熱を抱くことを避けているなら、あなたがその情熱を取り戻すまで心のひっかかりはとれないはず。何かを成し遂げると決心するまで、ずっと不幸であり続けることに。

08. 得るものがなければ はっきりと「ノー」と言う

「ノー」と言ってもいいのです。申し訳なく感じる必要はありません。自分のことを気にかけるということは、どんな状況に直面していても自分自身に正直でいるということです。
あなたには、自分を尊重し、自分で選んだ生き方に居心地の良さを感じる資格があります。

09. たとえ逆境にいても笑う!

残念なことに、現代では多くの人が充分に笑っているとは言えません。確かに昔よりも今の方が生きづらい世の中ですが、それが毎日を楽しんだり、小さなことに喜びを感じない理由にはなりません。
私たちには毎日たくさん笑うチャンスがあります。YouTubeの動画かもしれないし、同僚のジョークかもしれないし、もしかしたら自分で自分に笑うかもしれません。やらなければいけないことは多く、圧倒させられるかもしれませんが、笑いは深刻さをあっという間に取り除き、逆境にいても前向きに考えることを思い出せてくれます。

10. ときには自分を甘やかす

自分を甘やかす時間をつくってください。マニキュアを塗ったり、マッサージを受けたり、バスソルトやエッセンシャルオイルでお風呂に入りリラックスしたり。霊気療法にチャレンジしてもいいでしょう。これらはすべてあなたをリラックスさせ、精神を若返らせ、自己愛の習慣を取り戻すきっかけになるでしょう。

11. 瞑想を取り入れて 心をリセットする

不安になったり気持ちが沈んでいるようなら、1日最低でも10分、静かに座って心を落ち着ける時間をつくってください。瞑想は多くの場合において、抑うつ剤の薬を飲むより効果があると証明されています。しかも細胞を回復させ、DNAまで変えてしまうのです。
1日を通して多くのメンタルノイズ(心の中のつぶやきや葛藤)を聞き、私たちの心はぐちゃぐちゃです。瞑想は心をリセットし、クリアに物事を考えられるようにしてくれるのです。

12. 満足度の低い仕事は 辞めてしまう

給料がいくらであれ、自分が楽しめないならその仕事に価値はありません。しかし、多くの人が不安や羞恥を感じ、他人の意見を気にして職場を去る決心がつきません。
あなたの幸せは給与明細よりも、他人があなたをどう思っているかよりも大切なことです。あいにく、最近行われたギャラップ社の世論調査によると、76%の人が自分の仕事に満足していません。もし、あなたもその内の一人なら、自分の幸せのために立ち上がり心がやりたいと思っていることをやってください。

13. 前向きな人と過ごし、 ポジティブな環境に身を置く

肝心なことは、自分が幸せになれないところに身を置かないということです。心が指し示す方に行けば、幸せは自然と増すでしょう。ネガティブな環境はさまざまな問題につながり、自己愛の成長を妨げます。前向きな人と一緒にいて幸せな環境を選ぶことが、人生にワクワクするか、人生をみじめに感じるかの違いになるのです。

14. TV番組やラジオにも 注意を払う

テレビやラジオで観たり聴いたりしているものは、あなたが好きなものですか?もし、そうでなければ、それらを消してもっとポジティブなものに目を向けましょう。
魂を育むようなポジティブな情報をエサとして自分に与えてください。そうすれば、ネガティブな思いはなくなるでしょう。

15. スマホやSNSを制限する

セルフ・ネグレクトを感じるのは一日の多くを携帯電話やパソコンに使い、自分と向き合う時間をつくらないからです。特にソーシャルメディアは、中毒になりつつあります。テクノロジーを使う時間を制限し、空いた時間を自分が本当に大切に思っている人との関係を深める時間に使ってください。

16. 睡眠は最低でも 7~8時間

睡眠の欲求に逆らうことで自分の本心を無視する人がたくさんいます。アメリカの成人は平均で4~6時間の睡眠をとると言われていますが、これでは多くの人が人生を無自覚におざなりに過ごしていると思われても仕方ありません。
睡眠は細胞を再生させ、身体に不可欠な休息を与えます。毎日寝る1時間前には携帯の電源を切り、好ましい時間に寝る努力をしましょう。

17. 毎日、最低8杯の水を飲む

水は日常に消費する飲み物の中で多くの割合を占めるべき飲み物です。水は細胞を活性化させ、身体の機能を整えます。毎日水を最低8杯飲むことで、ベストの状態を保つことができるのです。

18. 自分を愛し、信じ、誇りに思う

まず最初に自分の力を信じなければ、人生において大いなる喜びを感じることはできません。自分を愛し、誇りに思いましょう。そうすればすべてのことがうまく収まります。

19. 何が起きても受け入れる

未来を知っている人はいません。だから、ムダな予測はやめましょう。その代わり、心のままに不確かな波に身を任せましょう。何が起きても受け入れて、そこから学び取るのです。
セルフ・ネグレクトの多くは停滞した状況に満足しているところから生まれます。リスクをとり、居心地のいい場所から脱しましょう。人生に積極的な姿勢で臨むことで、自身と自分の人生にもっと自信がつきます。

20. 今の自分を形成するすべてに 感謝の気持ちを持つ

持っていないものについて考えるのではなく、自分が持っているものに集中して、それに感謝しましょう。これまでにうまくいったことすべてに感謝できるようになれば、自然と感謝するに値するものが周りに増えていくでしょう。

21. 毎日、日記を書き 感情を吐き出す!

もし、怒りやストレス、悲しみを心の中に閉じ込めているなら、それを毎日、日記に書き出しましょう。自分が抱えている感情をすべて吐き出すことで、毎日を新しくスタートすることができます。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

オリジナルサイトで読む