1. トップ
  2. ファッション
  3. 大きい顔をどうにかしたい…モデル級の小顔になれる写真テク3選

大きい顔をどうにかしたい…モデル級の小顔になれる写真テク3選

  • 2015.8.18
  • 4716 views

モデルやアイドルのように私も可愛く写りたい……。
でも、毎回写真写りが悪くて、彼からは「プリクラと全然違うね」と言われる始末。
少しでも小顔に映るためにはどうしたらいいの?と、雑誌やネットで日々研究している人も多いのでは。

実は、ほんの少しだけ工夫すれば、誰でも小顔に可愛く写れちゃうんですよ♪
そこで今回は『大きい顔をどうにかしたい…モデル級の小顔になれる写真テク3選』をご紹介いたします。

■まとめ髪に大きなピアス(イヤリング)

大きな顔を髪で隠して小顔に写ろうとする人がいます。しかし、これでは余計に顔の大きさが目立ってしまうので根本的な解決にはなっていません。いっそのこと、顔のかたちを思いっきり出してみましょう。特に目鼻立ちがくっきりしてるうえに丸顔さんやえらが張っている人にオススメの方法。髪を全部一つにまとめておでこを出しますが、これだけだと「女性らしさ」が足りなくなってしまうので、大きなピアスをつけて小顔にみせます。

できればカラフルなピアス・あるいはイヤリングを選ぶといいでしょう♪大きな顔も気にならなくなりますよ!

■両手を沿えて小顔ポーズ

小顔ポーズの中でも定番な「両手を沿える」。両手を頬に沿えるだけで大きな顔もコンパクトにみえるようになるのです。ちょっとぶりっ子のようなポージングになってしまいますが、たまには女子らしくキメてみるのもアリ♪プリクラを撮るときは、シャッターが切られる前に、さりげなく友達の一歩後ろに立つと、遠近法で小顔にみえます。友達にバレない程度にほんの少し下がりましょう。

■自撮りのときはあごを下げる

自撮りする場合は、携帯をやや上に持ってあごをひきながら、目を大きくパチクリ♪

あとは光の加減を調節しながら、カシャっと撮影しましょう。サロンモデル風のやわらかな仕上がりになるのでオススメです。ただし、あごを引きすぎると「二重あご」になってしまうので気をつけてくださいね。また目を大きくしすぎても、怖い印象になるため、何回か撮影しながら丁度いい開き具合を研究してみましょう♪

いかがでしたか?

何も考えず撮影しているだけでは女子力が高いとはいえません。
ほんの少し工夫するだけで、小顔に写れちゃうんですよ♪友達には秘密にしておいて、こそこそっと実践しちゃいましょう!

 

元記事を読む