1. トップ
  2. 恋愛
  3. SNS診断|相手のアカウント名でわかる!あの人の性格・恋の攻略法

SNS診断|相手のアカウント名でわかる!あの人の性格・恋の攻略法

  • 2022.1.17
  • 1378 views

いまや日常にすっかり溶け込んだSNS。

気になる相手、好きな人ともSNSでやり取りしている方は多いのではないでしょうか。

SNSを使う際に設定する『アカウント名』。

実はSNSのアカウント名の付け方で、その人の性格やどうアプローチすれば効果的かがわかるんです。

今回は、SNSのアカウント名からズバリ! 相手の性格診断を行っていきます!

下記の中から、相手はどのタイプに近いのか、該当するものはすべての文章を参考にしてみてくださいね。

数字と英字がランダムに入っている(例:aa00ttrk89…)

SNSのアカウント名に数字と英字がランダムに入っているという人は物事にこだわらない大らかなタイプ。

環境への適応力も抜群で、新しい場にもすっとなじんでしまいそう。

対人関係では、「自分が、自分が」とむやみに自己主張することは少なく、聞き役に回ることが多いでしょう。

ただし、このタイプの人は面倒くさがり屋で、決められたこと以外の雑用や人間関係のいざこざからはサッサと逃げる傾向が…。

「自分が関心のあること以外は、一切関係ない」といった態度を見せることも少なくないみたい。

聞き役に徹することが多いこのタイプには、あなたから近づく必要があるでしょう。

その場で2人の話が盛り上がれば、その後、SNSをやり取りする回数も増え、2人っきりで会う回数も増えていくはず。

ただし、このタイプは相手の言動に過剰に反応するのが特徴。

なので、SNSの回数が増えたり、会話が弾んだりしても、単に調子を合わせているだけ、という可能性があり、「脈あり」と安心するのは早いといえるでしょう。

本当に「脈あり」にさせるには、まずは相手が、ふともらす本音や弱音を聞き流さないこと。

そして、あなたの話を聞いてもらうばかりでなく、時には相手の話を親身に聞いてあげることで「脈あり」に近づくことができるでしょう。

自分の名前が入っている(例:takuya…)

SNSのアカウント名に自分の名前を入れている人は、はっきり言ってナルシスト。プライドもかなり高そうです。

上手に人と話を合わせているように見えたとしても、気がつけば自分のことや自分の関心のあることしか話さない…ということが多いかもしれません。

いつでも自分が注目されたい、という気持ちが強いといえます。

そのぶん、自分のスタイルはしっかり確立されています。身の回りに置く物にもすべてこだわりがあるでしょう。

よく行くお店は決まっていて、お気に入りのブランドもちゃんとあって、それを長く愛用しているところがあるのではないでしょうか。

確固たるスタイルを持っているナルシストのこのタイプに効果的なアプローチは、「あなたに注目してます!」の態度を見せることです。

あの人自身のことや、あの人が関心を持っていそうな話題を振ってみると喜んで話に乗ってくれるでしょう。

会話の合間にも、「私もそう思う!」なんて、共感の合いの手を入れると、親近感を持ってくれるはずです。

ただし、プライドの高い人なので、あの人が話している最中に話を遮るのは絶対にNG。

もちろん、たとえ冗談でも、あの人がこだわっているモノやコトをけなすのは避けましょう。

自分がけなされているように感じて、心のシャッターを下ろしてしまうでしょう。

自分の生年月日が入っている(例:0412…)

SNSのアカウント名に自分の生年月日を入れている人は、しっかり者で、いろんなことを知っている博識者。

周囲からは、「ご意見番的な存在」として頼られているかもしれませんね。

表面上はクールに構え、とっつきにくい印象を与えていることが多いでしょう。

ただ心の中では、自分のことを認められたい、愛されたいという願望をかなり強く持っているでしょう。

人情家で涙もろい一面も隠れているし、意外なくらい甘えん坊なところも。でも、素直にそれを表すことができないようです。

本心では愛情を求めているこのタイプに効果的なアプローチは、さりげなく押し続けることです。

「これ好きだったよね?」なんて、ちょっとしたプレゼントを渡したり、会話の中で「そういえば以前○○って言っていたけど…」なんて、あの人が話していたことを話題にしてみたりすると、「気にかけてくれてるんだ」と感激するはずです。

ただし、表面上はクールに装いたい人なので、くれぐれもリアクションに困るような露骨なアプローチはしないこと。

押しつけがましくならない程度に好意を示すのがポイントです。

そして、「恋? それともただの親切?」と悩ますことができれば、自然に向こうのほうから動きを見せてくれるようになるはずです。

有名人やペットなど自分以外の名前が入っている(例:shunsuke…)

SNSのアカウント名に有名人やペットなどの名前を入れている人は、フランクで親しみやすいタイプ。

ユーモアを交えながら自分のことをオープンに話せる人なので、人気も高いのでは? その人のまわりは笑い声が絶えないかもしれませんね。

しかも面倒見が良く、趣味の多い人でもあるから、あらゆる方面に知り合いがいるはずです。

ただし、このタイプは、一見あっけらかんとして見えて、意外に秘密主義な一面も。

本音は本当に仲良くならないと明かさないでしょう。親しくなってみると、表と裏の顔のギャップに驚くかもしれませんね。

親しみやすいタイプの人なので、接近するのは難しくないといえるでしょう。

ただしこのタイプは「本当に大切な人」と「その他大勢」との間にキッパリ一線を引いているところがあります。

なので「その他大勢」の関係になるのは簡単でも、心を許した「本当に大切な人」になるには時間がかかります。

本当に大切な人になるには、まずはあなたのほうから素の自分を見せること。

悩みや弱みを隠さず伝えれば、秘密主義だったあの人も、徐々に自分の本音を見せるようになるでしょう。

気取って素顔を隠している限り、進展はないものと思って間違いなさそうです。

地名が入っている(例:aoyama…)

SNSアカウント名に地名を入れている人は、身近な人との交流や日々の生活を大切にするタイプ。

家や職場、学校など、自分の所属するところに愛着を持っている人です。

今の暮らしをイキイキと楽しむ一方で、知らない世界への好奇心も旺盛で、ネットなどを通して、たくさんの知り合いがいるでしょう。

ただ、生身のコミュニケーションの場合、相手に対して強い警戒心を抱くところがあります。

うわべは和やかに会話をしていても、本当に心を開いて友だちになるまでには時間がかかるでしょう。

効果的なアプローチ方法は、今の2人の関係次第で変わります。

すでに友だちとして仲良くしている場合、身内感覚になっている可能性があるので、簡単には恋を意識してくれないでしょう。

なので、あえて異性を意識した振る舞いをすることで、新鮮な目で見てくれるでしょう。

一方、まだ親しくない間柄なら、熱く語り合える共通点を見つけることが進展のカギに。

好きなスポーツやアーティスト、ハマっている趣味から家庭環境まで、「似ている」と感じるものがあると、このタイプは恋を意識し始めます。

ただし、礼儀を大切にする人なので、最初からぶしつけな質問はしないよう、十分気をつけましょう。

モノの名前が入っている(例:apple…)

SNSアカウント名にモノの名前を入れている人は、自他ともに認めるこだわり人間。

なかにはマニアといえるほど、のめり込んでいる趣味をもっている人も。

なので好きなことを語りだすと止まらなくなってしまうかもしれませんね。

そこまでいかなくても、身につけるものや食べ物、音楽など好みがはっきりしていて、自分らしいライフスタイルを楽しんでいる人が多いといえます。

人間関係も、自分なりの価値観で上手に付き合っていますが、相当頑固な面があるので、一度仲がこじれると修復は大変でしょう。

こだわり派のこのタイプへの効果的なアプローチ法は、あなたも自分なりの価値観を持つことです。

表面的に合わせてくる相手より、たとえ考え方や好みが違っても、自分なりのライフスタイルを確立している人に惹かれるからです。

また、このタイプは、頑固ですが、一度親しくなったら決して裏切ることはありません。

なので時間をかけて信頼関係を築き、あなたの人柄をわかってもらうことが大切です。

ただ、本気で怒らせるとなかなか許してもらえないので、こだわっている趣味をけなすことは絶対にタブーです。

あの人にとってこだわってるものは、自分以上に大切なもの。地雷を踏まないように気をつけましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる