1. トップ
  2. 恋愛
  3. ロバート・ダウニー・Jr.、『アベンジャーズ』みんなでクリヘムの「膝を破壊しよう」と提案した“理由”が理不尽すぎる

ロバート・ダウニー・Jr.、『アベンジャーズ』みんなでクリヘムの「膝を破壊しよう」と提案した“理由”が理不尽すぎる

  • 2022.1.16
  • 5023 views

MCUでホークアイを演じているジェレミー・レナーが、かつて『アベンジャーズ』に出演した時にロバート・ダウニー・Jr.からクリス・ヘムズワースの「膝を破壊しよう」と提案されたことがあったことを明かした。(フロントロウ編集部)

ジェレミー・レナーが『アベンジャーズ』が集結した初日の裏話を明かす

サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーが招集したヒーローチームである“アベンジャーズ”が初めて集結して、大きな話題になった2012年公開のMCU映画『アベンジャーズ』。ロバート・ダウニー・Jr.演じるアイアンマンやスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウ、クリス・ヘムズワース演じるソーらがついに顔を揃えた本作だが、この作品でMCUデビューを果たしたのが、ホークアイことクリント・バートンを演じたジェレミー・レナー

画像1: ジェレミー・レナーが『アベンジャーズ』が集結した初日の裏話を明かす

昨年11月に初の主演シリーズとなる『ホークアイ』も公開されたジェレミーが今回、ポッドキャスト『Armchair Expert(原題)』に出演して、今年で公開から10年を迎える『アベンジャーズ』撮影時の思い出を振り返った。

番組のなかで、MCUのメンバーに加わった当時について、「もし何かしらスポーツをやったことがあれば分かるかと思いますが、新しいチームに加入するようなものです」と振り返ったジェレミーは、「ダウニーのことや、スカーレットのことは以前から知っていました」と、中には以前から知っていた俳優たちもいたとした上で、「ヘムズワースのことはまだ知らなかったんです」と明かした。

ジェレミーによれば、クリスのことを知らなかったのは自分だけではなく、他のキャストたちも同様だったといい、「初日は、衣装を着て歩き回っていました。ハロウィーンみたいで楽しかった一方で、ばかばかしい気分にもなりましたけど。僕ら全員が何らかの形でお互いを知っていました。ただ誰も、ヘムズワースのことは知らなくて。彼は(自分たちとは違って)オーストラリア出身だったので」とキャストたちが顔を揃えた初日のことを振り返っている。

人気俳優ばかりが集結した『アベンジャーズ』だが、そんな豪華なメンバーの中でも、クリスのハンサムぶりは際立っていたといい、「彼が一番背が高くて、一番見た目も整っているんですよ」とジェレミー。

画像2: ジェレミー・レナーが『アベンジャーズ』が集結した初日の裏話を明かす

そんなクリスに嫉妬したのが、記念すべきMCUの1作目『アイアンマン』から出演していたロバートだったそうで、ジェレミーは続けて、ロバートからジョーク交じりに提案されたことを次のように明かした。

「ダウニーはこんなことを言っていました。『僕らで彼の膝を破壊しなければいけないね。アイツを追い出そう。イケメンすぎるよ。背も高いし、魅力的だ。嫌になるね』と」

“見た目が良い”という、理不尽すぎる理由で膝を破壊される危機に陥っていたクリス。『アベンジャーズ』の仲間たちすら嫉妬する魅力の持ち主であるクリスについて、ジェレミーは番組で「素晴らしい人ですよ」と賛辞を寄せた。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる