1. トップ
  2. レシピ
  3. 夏太りをリセット!食事にプラスしたい「えのき&ワカメ」の魅力

夏太りをリセット!食事にプラスしたい「えのき&ワカメ」の魅力

  • 2015.8.17
  • 3772 views

夏休み、暑くて外にも出ず家でのんびり過ごしたり、帰省などで外食の機会も重なったら太ってしまった……!という方も多いのではないでしょうか。夏は、基礎代謝が下がるため、食べた分をちゃんとリセットしておかないと、そのまま脂肪として蓄えてしまうことに。夏太りをリセットするために、いつもの食事に「えのき」と「ワカメ」をプラスしてみましょう!

■「えのき」と「ワカメ」は最強のダイエットコンビ!?

●「えのき」で脂肪の吸収をブロック

えのきに多く含まれる「キノコキトサン」には、食べものから摂取した脂肪分に膜を張り吸収を抑え、さらに脂肪の分解吸収をもブロックする働きがあります。

●「ワカメ」で脂肪の燃焼をサポート

私たちの身体には、脂肪をエネルギーとして燃焼する褐色脂肪細胞と、脂肪として蓄積する白色脂肪細胞が備わっています。ワカメの天然色素「フコキサンチン」には、脂肪細胞の中の熱を生産する働きのある「UCP1」というタンパク質を増やす働きがあり、白色脂肪細胞の脂肪の燃焼を促します。

さらになんと! 白色脂肪細胞のUCP1が増えると、褐色脂肪細胞に変化する可能性があるそうですから、積極的に食べることで痩せ体質に近づけそうですね。

また、キノコキトサンにも脂肪を分解して燃焼を促す働きもありますから、ダブルで食べることで相乗効果が期待できそう!

●ダブルで腸内環境美化

えのきやワカメに含まれる水溶性食物繊維は、善玉菌の大好物。腸内細菌の中には「デブ菌」と呼ばれる、余分なものを身体に溜めこむ働きのある菌もいますから、ダイエットのためには腸内環境を良い状態に保つことも大切です。 また、食物繊維が腸内細菌によって発酵分解される際に発生する「短鎖脂肪酸」には、食欲抑制ホルモンの分泌を促す働きもあるそうですから、自然と食べ過ぎが予防できそう!

えのきもワカメも手に入れやすく安価な食材。ぜひ、毎日の食事に積極的に摂り入れてみてくださいね!

(岩田 麻奈未)

元記事を読む