1. トップ
  2. ファッション
  3. 目新しいニットは「脇役専用」:重ねる前提でニットビスチェ

目新しいニットは「脇役専用」:重ねる前提でニットビスチェ

  • 2022.1.15
  • 311 views

1つ1つは見慣れたものでも「重ねる」ことでまた新しく。寒い時期だからこそ思う存分楽しめるレイヤード。よく着るお気に入りや、ワードローブに眠りがちな服を総動員して「買わずとも」自分的・新しい1枚を作り出すイメージでコーディネート!

≫【全14スタイル実例】レイヤードのバリエーションをもっと見る


☑鮮度をもたらす「小物のようなニット」
レイヤードの主役とも言えるニットを「脇役」に。その軸となるNEWフェイスはニットビスチェ。ジャケット&トレンチやチェスターなどの真面目な組み合わせに、ひかえめに「脱力感」をもたらす有効な手段。ポケットに無造作に入れたレザーグローブも、ある意味レイヤードにクセを出すための一手に。


「重ねるニット」をもたつかないビスチェに変更!


【重ねたアイテム】①ロングTシャツ②ニットビスチェ③ジャケット④トレンチコート。重ねるニットのみを気分転換。ジャケット&コートのセットも着膨れして見えず適度な抜けも獲得。

共布ベルトつきベージュコート 94,600円/GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) 黒ジャケット 97,900円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店) グレーリブニットベアトップ 20,900円/ゲミニー(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 中に着たTシャツ 11,000円/nagonstans 白リブニットパンツ 24,200円/HAKUJI(ブランドニュース) 眼鏡 33,000円/バディオプティカル(ハウス/バディオプティカル) グローブ 16,500円/アルポ(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) バッグ 29,700円/オルセット(アルアバイル) ショートブーツ 25,850円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

元記事で読む
の記事をもっとみる