1. トップ
  2. 恋愛
  3. 女性の星座別!同性から見た「あなたの魅力」は?

女性の星座別!同性から見た「あなたの魅力」は?

  • 2022.1.15
  • 15683 views

男性からモテるのも嬉しいけれど、いざというときに頼れるのはやっぱり同性!

同性からの評価はいつでも気になるものです。

今回は女性の12星座別に、同性から見てどんな魅力があるのかを紹介します。

おひつじ座(3/21~4/19)

【インパクトある存在】

おひつじ座は、メイクのやり方やファッションセンスのインパクトが大!

自分の好みからブレないところが、同性からカッコよく思われます。

とくに後輩からは大人気で、バレンタインには同性後輩からのチョコレートがたくさんもらえるかも。

おうし座(4/20~5/20)

【聞き上手】

穏やかでメンタルが安定しているおうし座の魅力は、聞き上手なところ。

話し相手を探しがちな女性からは、とくに人気があるでしょう。

なんでも「うん、うん」と肯定しながら聞いてくれるので、年下はもちろんかなり年が上の同性からも、じつは頼りにされています。

ふたご座(5/21~6/21)

【トレンドに敏感でおしゃれ】

流行の最先端をいくふたご座は、そのトレンドに敏感なおしゃれさが、同性から見てとっても魅力的です。

一緒にいれば、自分もオシャレになれる! と思うので、同年代の友達や後輩からはとくに人気。

上司や先輩も、こっそりふたご座さんのファッションをチェックしています。

かに座(6/22~7/22)

【見栄を張らず優しい】

外見的なところで見栄を張らないのが、同性から見たかに座の魅力です。

気に入れば流行遅れの服でもご機嫌で着るところや、少々センスのないグッズでも、プレゼントされたものならきちんと使う優しいところが、全方位の同性から人気でしょう。

しし座(7/23~8/22)

【堂々とした態度】

存在感たっぷりな女王様気質なしし座。

ちょっとワガママで気が強すぎる面はあるのですが、どんなことにも負けない! という堂々とした態度が、同性から魅力的に見えます。

そして、不安に負けない明るい性格も、とても魅力的で人気の理由です。

おとめ座(8/23~9/22)

【気持ちをわかってくれる】

おとめ座は、その星座名のとおり、よくも悪くも「乙女」な心の持ち主です。

同性から同族嫌悪的な目を向けられることもありますが、とくに同年代から見てだんだん「同性の気持ちをわかってくれる星座ナンバー1」となるでしょう。

てんびん座(9/23~10/23)

【魅力のカタマリ】

てんびん座はコミュニケーションスキル抜群ですし、エレガントでスマート。

おしゃれで美的センスもハイレベル、その上容姿に恵まれている人が多い星座です。

嫉妬しようにも魅力のカタマリ過ぎて、うっとり眺める同性の方が多いでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【ミステリアスなオーラ】

さそり座の魅力といえば、そのミステリアスなオーラです。

男性の心をつかむフェロモンではありますが、同性も思わず魅せられる不思議さ。

「男に媚びてる」なんて口では言いながらも、その魅力にあらがえず、もっと仲よくなりたいと思うのです。

いて座(11/22~12/21)

【しなやかさ】

どこまでも自由な考え方と、しなやかなボディが魅力のいて座。

動きたいように動くので、しなやかなのです。

ちょっと大胆にも見えるスポーティーなファッションも着こなせ、そのカッコよさは同性から大人気。

とくに後輩からは羨望の眼で見られるでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

【クールな美人】

超リアリストなやぎ座。

まわりからの評価は参考にすれど、それに振り回されることはありません。

クールな態度と、外見も十人並みより上という運命もあり、孤高の美女度が髙いでしょう。

同性の友だち、年下後輩に人気があります。

みずがめ座(1/20~2/18)

【中性的なところ】

老若男女問わず、基本的に平等な態度で接するみずがめ座は、そのフラットな態度が同性にも人気です。

仕草や言動は中性的なところが魅力でしょう。

年下同性からは憧れの対象ですが、年上からはちょっと生意気に思われることもあります。

うお座(2/19~3/20)

【子どもっぽくて、ラブリー】

ベビーフェイスで、華奢だったり小柄だったりする傾向があるうお座は、同性から見て「カワイイ~」という評価がされがちです。

どこか子どもっぽくて、ラブリー。

とくに年上の同性から、「お子さま枠」でかわいがられるでしょう。

同性の評価は本物

同性と一緒に行動する機会は、かなり多いもの。

同性から魅力的だと思われることは、得こそあれ損することはありません。

自分の魅力を理解し、魅力アップを心がけてみましょう。

(芦田イングリット/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

元記事で読む