1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 映画『美術館を手玉にとった男』逮捕されないニセ作画家を追った衝撃のドキュメンタリー

映画『美術館を手玉にとった男』逮捕されないニセ作画家を追った衝撃のドキュメンタリー

  • 2015.8.17
  • 2128 views

稀代の贋作(がんさく=ニセ作)画家を追ったドキュメンタリー映画『美術館を手玉にとった男』が、2015年11月21日(土)よりユーロスペース他にて、全国順次ロードショーされる。

2011年、ニューヨークタイムズやフィナンシャルタイムズ、テレビをはじめとした全米のメディアが、こぞって報道した事件。それは、全米の多くの美術館で展示されていた著名な作品の数々が、実は一人の男によるニセモノだった、という衝撃的な事実だった。しかし結局、その男は罪に問われることなく解放される。なぜなら彼は、一切の金銭を要求せず、すべてのニセ作品を寄贈していたからだった。

『美術館を手玉にとった男』は、その張本人であるマーク・ランディスを追ったドキュメンタリー作品。MoMA(ニューヨーク現代美術館)での勤務経験を持つグラウスマン、そして画家として活動していたカルマンという、美術界にバックグラウンドを持つ2人を監督に迎え、謎のニセモノ画家の素顔に迫った。ニセ作に執念を燃やす男と、彼を追うことに執念を燃やす人々。そして彼に騙された人々。彼ら自身や社会が持つ歪み、苦悩、そして良心が、ユーモラスをもって鋭く描かれる。

ナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国映画批評会議)のトップ5ドキュメンタリーに選出されるなど、全米で大きな反響を呼んだ話題作。事実は小説よりも奇なり、という言葉が何よりふさわしい一本は、ぜひ一度劇場で体感しておきたい。

【作品情報】
『美術館を手玉にとった男』
公開:2015年11月21日(土)ユーロスペース他にて全国順次ロードショー
監督:サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン
共同監督:マーク・ベッカー
出演:マーク・ランディス、マシュー・レイニンガー、アーロン・コーワン、ジョン・ギャッパー
音楽:ステファン・ウルリッヒ
2014 年/アメリカ/英語/カラー/89分
原題:Art and Craft
配給:トレノバ

元記事を読む