1. トップ
  2. おでかけ
  3. 会津の名城・鶴ヶ城の守護神「鶴ヶ城稲荷神社」!

会津の名城・鶴ヶ城の守護神「鶴ヶ城稲荷神社」!

  • 2022.1.15
  • 2290 views

福島県会津若松市にある鶴ヶ城(つるがじょう)は、戊辰戦争の舞台として有名です。広大な鶴ヶ城の敷地には古くから鶴ヶ城稲荷神社という守護神がお祀りされ、市民に親しまれています。

鶴ヶ城稲荷神社は鶴ヶ城と深い関わりがある神社なので、鶴ヶ城に訪れた際は鶴ヶ城稲荷神社にも参拝してみましょう!

目次
  • 鶴ヶ城稲荷神社の歴史
  • 鶴ヶ城稲荷神社のご利益
  • 赤瓦の美しい「鶴ヶ城」!
  • 鶴ヶ城稲荷神社へのアクセス

鶴ヶ城稲荷神社の歴史

鶴ヶ城稲荷神社は鶴ヶ城が築城された約600年前からあると伝えられ、稲荷大神をお祀りしています。

鶴ヶ城稲荷神社は当時三ノ丸に創建されましたが、現在では椿坂の近くに移築されています。

伝説では、鶴ヶ城築城の縄張りに頭を悩ましていた芦名直盛(あしななおもり)が田中稲荷神社に祈願し、霊夢を見て目覚めたところ雪の中に狐の足跡を見つけました。直盛はその足跡をたよりに縄張りをしたことで、名城を築くことが出来たといわれています。

その後、直盛は田中稲荷神社を勧請して城の守護神として祀り、現在に至ります。

鶴ヶ城稲荷神社の境内とご利益

鶴ヶ城稲荷神社のご祭神は女神の宇迦魂命(うかのみたまのみこと)であることから、商売繁盛や五穀豊穣、家内安全などのご利益があります。

宇迦魂命は京都にある京都伏見稲荷大社の主祭神であり、全国の稲荷神社にお祀りされています。

こじんまりした神社ですが、境内には石鳥居の明神鳥居と金属製の赤い両部鳥居が縦に並び幻想的な雰囲気が漂っています。奥の明神鳥居の先には階段があり、社殿へと続きます。

多くの神社では狛犬を目にしますが、稲荷神社なので両側に3体ずつ狛狐があることが特徴です。

赤瓦の美しい「鶴ヶ城」!

鶴ヶ城は別名「会津若松城」とも呼ばれ、会津若松市のシンボルとして知られています。

1868年に勃発した戊辰戦争の舞台であり、白虎隊ゆかりの地でもあります。廃城令が発せられたことで鶴ヶ城は1874年に解体されましたが、市民の熱望で1965年に再建されました。2011年には赤瓦の修復工事が完了し、当時の姿が見事に再現されています。

城の瓦は黒色が多いですが、鶴ヶ城は国内で唯一の赤瓦です。

その理由は、赤瓦には鉄分が含まれた釉薬を施釉しているからです。豪雪地域では瓦に水分が染み込むことで割れてしまう可能性があるため、それを予防するためです。赤瓦の城は珍しく見た目も美しいので、会津若松に訪れた際はぜひ一度ご覧ください!

鶴ヶ城はJR会津若松駅から少し離れた場所にあるので、バスを利用すると便利です。鶴ヶ城公園では春の時期に約1000本ものソメイヨシノが咲き誇り、綺麗な景色が見られます。

会津若松に旅行の際は鶴ヶ城に訪れて、鶴ヶ城稲荷神社にも参拝されることをおすすめします。

鶴ヶ城稲荷神社へのアクセス

◆鶴ヶ城稲荷神社の所在地
〒965-0873福島県会津若松市追手町1-1

◆電話番号
0242-23-8000

◆交通アクセス
【バス】JR磐越西線会津若松駅よりまちなか周遊バス「ハイカラさん」で鶴ヶ城入口下車、徒歩約5分

◆主祭神: 宇迦魂命(うかのみたまのみこと)

Lily /ライター

元記事で読む