1. トップ
  2. ファッション
  3. 見慣れたグレーがまた活躍:地味とは差がつく秘訣は「色の選び方」

見慣れたグレーがまた活躍:地味とは差がつく秘訣は「色の選び方」

  • 2022.1.13
  • 746 views

3色だけで着回すといい服
黒や白と同等の万能性をそなえながらも、中間色ゆえの「配色の間をとり持つ」バランス感覚に優れたグレー。そのどっちつかずな特性を生かし、黒と白を加えた「3色だけで」着回しにメリットをもたらすコーディネートの秘訣をご紹介。

≫長く飽きずに着回せる「有能なワンピース」20選を見る

【STEP-3】
シンプルなグレーが生きる配色の「トーン」
ベージュと同様、ベーシックカラーの中でも「色幅がある」グレーだからこそ、グラデ配色やワントーンは押さえておきたい着方の1つ。週に1度は黒や白に頼らずグレー1色でコーディネートのレパートリーを追加。

KNIT & SWEATSHIRT
☑足元にかけて濃度を深めていく



【着回したアイテム】D+F+G+I
淡い色を着るときは腰から下、ボトムラインを引き締めると膨張感も抑制されバランスも整いやすく。よくあるニットとスラックスのワンツーも、同系色のスエットを腰巻きすることで抑揚づけも簡単に。

センタープレスパンツ 20,900円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) グレースエット 15,400円/Jilky アルパカクルーネックニット 29,700円/アストラット(アストラット 新宿店) ライトグレーレザートートバッグ 41,800円/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) サングラス 55,000円/アヤメ


RIB TURTLE & WOOL COAT
☑服は濃く・小物は淡く



【着回したアイテム】A+B+D+E+H
簡単にバランスも整いやすい、黒と同じような感覚でつくる濃色グレーのワントーン。ポイントは小物の明度を上げること。白のように淡いグレーのパンプスとストールで、コートの丈感や色の重さに抜けを作って。 グレーウールチェスターコート 121,000円/ebure(ebure GINZA SIX店) グレーリブタートルネックニット 2,990円/UNIQLO センタープレスパンツ 20,900円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) ストール 37,400円/ア ソース メレ(フレームワーク ルミネ新宿店) グレースエードパンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa

元記事で読む
の記事をもっとみる