1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【損】好かれてるのにデートに誘われにくい女性の特徴。

【損】好かれてるのにデートに誘われにくい女性の特徴。

  • 2015.8.16
  • 37031 views

【損】好かれてるのにデートに誘われにくい女性の特徴。

【みんなの恋テク】vol.69 文・白武ときお

男性は、プライドが高い生き物。女性をデートに誘って断られるだけで、結構へこみます。なので、断られそうな女性に対しては果敢にアタックしません。もしかしたら、あなたも知らないうちにデートに誘いにくい隙のない女性になっているかもしれません。

“高嶺の花”過ぎる。 今回は、デートに誘われにくい女性の特徴をご紹介したいと思います。

特徴1

自分のことを話さない。

ミステリアスなのがアタシなの。 「女の子と話すときは、共通点とかデートに誘うきっかけとか探そうとするんだけど、自分のこと話さない子はなかなか誘えないよね。自分のことを知ってもらうのが上手い女の子はモテていくと思う」(27歳・広告)

自分のことを話すということは、それだけ自分の内面をプレゼンしているようなものです。「映画が好き」「あの駅に住んでいる」「最近恋人と別れた」という情報から、男性はデートに誘うきっかけを探しています。自分から相談を仕掛けるのも、知ってもらうチャンスでしょう。自分のことを話さない人は、外見でしか判断ができません。

特徴2

ズバズバと毒舌披露。

広報担当させていただきます。 「サバサバ系で、毒舌家の女の子って誘うのが怖いよね。断られた後周りにどう報告するのか怖いし、デートに行ったら行ったで話のネタにされそうだし」(25歳・建築)

ズバッと物事を言うタイプの女性に対して、強烈な一言で断られたら傷つきます。振られた後に何を言われるか考えると、気持ちがビビってしまいます。なので、そういうタイプの女性は男性から声がかかりません。サバサバ女子は、同性からは支持を集めるが男性からはモテないというのは、そういうことです。

特徴3

レベルの高い友達自慢。

私、イケてるでしょ。 「Facebookの写真とかで、めっちゃイケてる男と写ってたりすると萎えるよね。ブログとかでいっつもいいとこで食べてたり、友達が一流企業ばっかとかも誘いにくいよね」(29歳・メーカー)

男性は、誘う女性の現在の生活レベルを気にします。「こないだ一流企業の人とパーティがあってさ」「友達が広告マンでさ」などと言われると自分が敵うわけがないと知り込んでしまいます。また、いつも良いものをごちそうになってたり、イケメンばかりの友達がいると、怖くて手が出せません。あまり良い生活やセレブな体験を報告しないようにしましょう。

男性は、振られることに臆病です。気になる男性に誘われるようになるには、相手の男性に「もしかして俺のこと好きなの?」とさりげない好意を示し続けましょう。また「自分でもこの子を幸せにすることができそう」とハードルを下げることが一番モテにつながります。庶民的で小さなことにも幸せを覚えられる女性であることを演出していきましょう!

元記事を読む