1. トップ
  2. ファッション
  3. コートの隙間からのぞくIラインで細見え!冬のスタイルアップコーデ3選【海外スナップ】

コートの隙間からのぞくIラインで細見え!冬のスタイルアップコーデ3選【海外スナップ】

  • 2022.1.13
  • 1396 views

美味しいものを食べてゆっくり過ごした人も多い年末年始。その分、ボディラインが弛んでいないかちょっと不安…、そんな人に取り入れてほしいのがIラインのスタイリングです。

コートのフロント開けてワントーンにまとめたインを見せることで縦長ラインを作り、その視覚効果でスッキリしたシルエットに仕上げることができます。

■1:オリヴィア・パレルモは…ブラウン系の濃淡でコントラストを強調

冬コーデ_1,大人コーデ_1,セレブ_1,コート_1,ファッションニュース_1
キュッとポニーテールにまとめたヘアでフェイスラインもスッキリと。

ソーシャライト、デザイナー、モデルなどとして活躍するオリヴィア・パレルモがパリでキャッチされた際の着こなしです。濃茶のワンピースにキャメルカラーのロングコートを羽織り、キリッとインとアウターのコントラストが効いたスタイリングを披露していました。

コートのフロントからのぞくワンピースがIラインをつくり、ワンピースの縦方向に入ったデザインディテールがさらなるスラッと見えを叶えて。バッグ&シューズにターコイズブルーを取り入れることでプレイフルなアクセントを添えてコンサバを回避、スタイリッシュに仕上げています。

■2:キャロライン・ダウアは…淡色のインには濃色アウターを合わせて切れ味よく

冬コーデ_2,大人コーデ_2,セレブ_2,コート_2,ファッションニュース_2
まだ寒いいまは足元をトレンドの白ブーツにスイッチして、程よいモード感を楽しんでも。

パリでスナップされたのはドイツ出身の人気インフルエンサー、キャロライン・ダウア。ベージュのニットワンピースにダークブラウンのオーバーサイズコートを合わせた装いです。

ワンピースは淡いカラー、しかもニット素材となると膨張して見えないか心配ですが、濃い色のロングコートを重ねることでフロントのIラインを印象づけることに成功しています。メタリックカラーのクラッチや、イヤーカフ、リングのレイヤードといった今どき感あるディテールをトッピングしてあか抜けた装いを完成。

■3:ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは…黒ワントーンでインをまとめ、シンプルシックにスタイルアップ

大人コーデ_3,冬コーデ_3,セレブ_3,コート_3,ファッションニュース_3
赤い口紅でフェミニンなアクセントをプラス!

ホリデーシーズンにロンドンのレストランを出たところでキャッチされた、モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリー。黒のタートルニットに同色のフィット感あるボトムを合わせ、ロングブーツにインしたスタイルです。

元々引き締め色の黒ですが、やや太めのロングブーツを合わせることで、脚の細見えを叶えています。さらにコートは揃いの色でなく、インより明るめを選びメリハリの効いたIラインを強調。縦長効果を叶えています。

コートのフロントからIラインをのぞかせて、スッキリした印象に仕上げていたおしゃれ賢者のコーディネートをご紹介しました。まだエンジンがかからなかったり、お正月ムードを引きずりがちなこの時期ですが、即座にキリッと見せたい場などにぜひ活用してみてください。

元記事で読む