1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【六本木】3月19日泉屋博古館東京リニューアルオープン、日経VR鑑賞も

【六本木】3月19日泉屋博古館東京リニューアルオープン、日経VR鑑賞も

  • 2022.1.11
  • 845 views

2022年3月19日、泉屋博古館分館が「泉屋博古館東京」として、開館20周年の節目にリニューアルオープンします。

現在、一般公開されてはいませんが、特別にプレオープンの様子を見せていただくことができました。3月のリニューアルオープン記念展Ⅰ「日本画トライアングル」の展示内容とは異なりますが、新しくなったフロアや展示物がとても素敵だったのでご紹介したいと思います。 このプレオープン(特別公開)の様子は、1月9日(日)から日経VRで限定公開され、迫力の360度画像が堪能できるので、日経VRアプリもぜひダウンロードしてみてくださいね。

ゆったりとした空間で癒しタイム

今まで2つだった展示室が4つになりました。展示スペースが拡充されたので、ゆったりとした空間で贅沢に鑑賞できます。規模は大きくないものの、コレクションの厚みに定評のある美術館なので、期待がふくらみますね。

外装は、エントランスの幅が広がって、入りやすい雰囲気になりました。石の建物という印象が強かったのですが、ガラス壁が広くなったので、明るく透明でさわやかなイメージです。 内装もガラリと変わりました。オフホワイト基調だった展示室が、ダークグレー系になったので、より作品が浮き立つようです。

旧展示室も全面リニューアル!

4つの展示室のうち、第1展示室は従来コの字形だった壁面ガラスケースの1辺が壁面になっていました。鑑賞空間が広がって、離れた場所から気軽に見られるようになったのは嬉しいですね。

出典:リビング東京Web

香田勝太氏の「春秋草花図(右隻)」は紙本銀地油彩の屏風ですが、菊の絵がなんとも可愛らしい!壁際から”引き””で観ることもできるようにもなりましたが、好きな絵はやっぱり間近で見るのがいいですよね。小鳥が止まる枝の下の裏返しになった菊の感じがいいです。

メインの第3展示室は、既存の展示室がアップデートされました。現在は、新春にふさわしい季節感あふれるおめでたい内容の屏風が5双展示されています。「おうこくさん」の呼び名で親しまれている木島櫻谷氏の作品です。屏風の高さは通常170㎝ほどですが、こちらは180㎝の特注で、幅は360㎝ほどの大きさでした。

出典:リビング東京Web

「柳桜図」は日本の春らしいものです。花びら1枚1枚が丁寧に描かれています。絵具を厚く塗っているので油絵っぽい印象です。

その隣は初夏をイメージする「燕子花(かきつばた)図」です。燕子花といえば尾形光琳の作品を思い浮かべますが、金屏風に描かれているので雰囲気も似ていました。

出典:リビング東京Web

秋をイメージした屏風は、日本人にとって特別な花である菊が描かれた「菊花図」です。紅白そろった菊の花は、めでたさ満開です。

冬をイメージした「雪中梅花」は、枝に積もる水分を含んだぼた雪の重さが感じられます。訪問日が、東京で積雪10㎝となった日だったので、思い入れ深く鑑賞することができました。雪が積もった枝の先に咲く紅梅は、百花の中でも一番早く花をつけ、たくさんの実をつけるので、めでたい花とされています。

これら四季それぞれが描かれた屏風に加えて、長寿を意味する鶴が描かれた「竹林白鶴」がありました。絹本金地着色の金屏風なので、とても華やかな展示室になっています。

新設の展示室は「掛け軸の間」

今回のリニューアルで新設された第4展示室は「掛け軸の間」になっています。現在は4幅展示されていて、全て木島櫻谷氏の作品です。

動物画を得意とした木島氏は、特にたぬきの絵が秀逸で「たぬきのおうこく」とも呼ばれていたようです。1本1本の毛が細い線で描かれていて、モフモフ感が表現されていました。

日経VRで鑑賞するのもいいですが、やっぱり本物が観たいですよね。3月のリニューアオープンを楽しみに待ちたいと思います!

■泉屋博古館東京 住所:東京都港区六本木1-5-1 TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル) 開館時間:11:00~18:00 ※金曜日は~19:00(入館は閉館の30分前まで) 入館料:一般1,000円(800円)、高大学生600円(500円)、中学生以下無料 ※20名以上の団体は()内料金、障がい者手帳呈示で本人と同伴者1名まで無料 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、展示替え期間中、年末年始 HP:https://sen-oku.or.jp/tokyo/ アクセス:東京メトロ「六本木一丁目」北改札より徒歩3分 「神谷町」4b出口より徒歩10分、「溜池山王」13番出口より徒歩10分

元記事で読む
の記事をもっとみる