1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『独裁者と小さな孫』老人と少年、クーデターからの逃避行の末に待つ衝撃の結末とは

映画『独裁者と小さな孫』老人と少年、クーデターからの逃避行の末に待つ衝撃の結末とは

  • 2015.8.15
  • 1887 views

映画『独裁者と小さな孫』が、2015年12月12日(土)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町など全国の劇場で順次公開される。

多くの罪なき人々を処刑してきた冷酷な独裁者に支配される国。ある日クーデターが起こり、老いた独裁者は、幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。本作は、自らが過去に犯した罪に追われる独裁者と少年、2人の逃避行を描くロードム—ビーだ。

メガホンを取ったのは、ヨーロッパで亡命生活を続けながら『カンダハール』『パンと植木鉢』『ギャベ』 など数々の傑作を生み出してきたモフセン・マフマルバフ監督。平和への渾身の願いを込め、未来への希望を描いた。

2014年シカゴ国際映画祭で最優秀作品賞受賞、2014年東京フィルメックスで観客賞受賞、2014年ヴェネツィア国際映画祭オープニング作品・オリゾンティ部門など、各国の映画祭で評価を得ている本作。

変装で素性を隠しながら過酷な逃亡の旅を続ける2人に待ち受けるのは絶望か希望か、待ち受ける衝撃的な結末とは。

【作品情報】
映画『独裁者と小さな孫』
公開日:2015年12月12日(土) 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開
監督:モフセン・マフマルバフ
脚本:モフセン・マフマルバフ、マルズィエ・メシュキニ
出演:ミシャ・ゴミアシュヴィリ、ダチ・オルウェラシュヴィリ
2014年/ジョージア=フランス=イギリス=ドイツ/ジョージア語/カラー/ビスタ/デジタル/119分

元記事を読む