1. トップ
  2. 恋愛
  3. じつは結婚前からわかってた!? 離婚原因になる“彼の性格”について

じつは結婚前からわかってた!? 離婚原因になる“彼の性格”について

  • 2015.8.14
  • 71707 views

こんばんは。女子力アップを現実的に分析してみる、離婚・家庭・男女問題弁護士です。

離婚する夫婦が増えている現在、離婚という選択も悪いものではないと思います。でもわざわざ結婚するのですから、できれば離婚は避けたいものですよね……。

そこで今回は、「今のカレと結婚していいのかな?」そんな悩みのヒントになるように、100件以上の離婚を見てきた弁護士の立場から、結婚前から見え隠れする離婚原因について書いてみたいと思います。

1. まず“絶対にダメ”なこと!

あなたの彼氏は、あなたに暴力をふるうことはないですか? どんな理由があっても、暴力はダメ! 最近はデートDVという単語もありますが、交際中から暴力などがあること自体、大きな問題と考えられています。今回はデートDVについては書きませんが、彼氏からの暴力も許してはいけません。暴力をふるう人でも「どうしても結婚したい」と考えるのであれば、あなたが経済的・精神的に彼氏(夫)から自立したうえで、DVについてのセミナーやカウンセリングに彼氏(夫)を引っぱっていける力があるか、冷静に考えてみてください。さらに、父親が母親に暴力をふるうのを子どもが見て育ったらどうなるか……もよくよく考えてみてください。結婚したらなおる、子どもができたら変わる――というのは幻想です。よほどのことがない限り、エスカレートすることはあっても自然になおることはありません。

2. 好きなところ=嫌いなところ?

離婚相談のときに、「今思えば結婚前から、ああゆう性格の人でした!」とうかがうことがとても多いです。クールで理論的な弁護士ですと、「じゃあなんで結婚したんですか? やめればよかったでしょう?」なんて、バッサリ言ってしまうとか……。私の場合は「そうなんですね」と、そのまま話をうかがうことが多いですけれど……。だって、お話をしていただくなかでご自身で「何で結婚したのか」に気づかれる方がほとんどなので、わざわざ指摘をする必要も少ないんです。お話しながら見えてくるのが、結婚前に「好きだ」と思っていたところが、結婚生活で「嫌い」なところに変わることがあるという法則です。

結婚後に変わってしまった、好き「だった」ところ・ 優しい → 優柔不断、男らしくない

・ 頼りがいがある → 強引で、自分勝手

・ 無口でクール → 女心が分からず、無関心

・ サービス精神豊か → 外面がよいだけで、家庭をかえりみない

・ 仕事ができる → 仕事しかできない

などなど――あげていくとキリがありません。あとはもう、程度の問題です。「我慢できる範囲なのか」「話し合いで解決をはかれないか」「耐えられないものなのか」です。

まとめ

今結婚を悩んでいる方は、彼氏の好きなところをもう一度しっかり見直してみてはいかがですか? ただし彼氏も自分も完璧でないのですから、お互いさまの部分もあると思って広い心でお願いします。

ちなみに裁判所は性格が合わないというだけでは、ほとんど離婚を認めてくれないのでご注意を。

元記事を読む