1. トップ
  2. 恋愛
  3. ラメネイルを使ったごまかしアイディアと正しい落とし方

ラメネイルを使ったごまかしアイディアと正しい落とし方

  • 2015.8.14
  • 1944 views

ラメネイルは定番ネイルとして人気が高いですが、そんなラメネイルにはさまざまな活用法やアイディアがあることをご存知ですか?

定番だけどこんな使い方もある!

【イットネイル】ラメネイルは定番ネイルとして人気が高いですが、そんなラメネイルにはさまざまな活用法やアイディアがあることをご存知ですか?

特にはがれやムラといった、セルフネイルトラブルの応急処置やごまかしにも役立つことで有名なんです。

反面、通常のネイルよりも落としにくいといった難点や悩みもあったり…

今回はラメネイルを使ったネイルに関するアイディアと、落としにくいときの落とし方のコツについて紹介したいと思います。

ごまかしならラメネイルで!

前に塗ったネイルがはがれかけてしまったというとき。

急いでリペアしたいというのであれば、ラメによるごまかしがおすすめです。

また普通のネイルのときでも、あらかじめ根元や先端にストーンやラメによってアレンジすることで、はがれや色ムラなどが起こりにくくなり長く楽しめるようになります。

さらに普通にネイルカラーを塗ったときにムラが目立つと感じるときは、ラメアレンジを加えればムラをごまかすことができます。

ラメネイルを落とす方法

ラメネイルは丈夫で長持ちする反面、オフのときに落ちにくいという悩みをよく聞きます。

落ちにくいからといってもこすったり力を入れてはがすといった方法はNGですよ。

無理やりだと爪や周囲の皮膚に、大きな負担がかかってしまいます。

ちょっと面倒かもしれませんが、通常よりもちょっと時間をかけて丁寧に落としましょう。

・コットンを爪サイズにカットし、そのコットンに除光液をしみこませる

・ラメのある爪に貼り付けていき、しばらく放置(大半は2〜3分)

・少しコットンを抑えて、爪からはずす

出典:http://itnail.jp

このような方法を使えば、無理にはがしたりしなくても、気持ちいいくらいするっと取れるのでおすすめです。

放置する時間はラメの種類にもよりますが、たいていの場合は1〜3分程度の放置で落ちるようになっています。

落ちにくいと感じたらもう一度同じ過程を繰り返すか、放置時間を少しだけ長くしましょう。

反対に放置しすぎると除光液が乾くので注意です。

爪にやさしい落とし方を覚えて正しい方法でオフしましょう。

Itnail編集部

元記事を読む